Windowsで「system thread exception not handled」のエラーが起きた時

Windowsでトラブルが発生した場合はシステムの復元を実行するのも有効的です。システムの復元とはトラブルとなっている個所を以前のデータや新しいプログラムで復元してくれる機能となっています。システムの復元を行うことで壊れてしまったプログラムやファイルを更新してくれて、トラブルの原因が簡単に解決してくるので、「system thread exception not handled」で悩んでいる人は試してみてください。

12.Windowsを初期化する

「system thread exception not handled」のトラブルやWindowsのエラーで困っている人は、WindowsPCを初期化することも考えてみてください。しかしWindowsパソコンを初期化する場合に注意が必要なのは、Windowsパソコンを初期化するとパソコンにインストールされているアプリケーションや各種データが削除されてしまうので、必ずバックアップを作成して、データを復元できるようになってから実施してください。

13.セーフモードで起動する

Windows内でトラブルが発生し何が原因かはわからない場合、WIndowsが正常に動作しない場合はWindowsのセーフモードでまずはWindowsにログインできるかをチェックしてみてください。セーフモードとは必要最低限の機能のみを動作させるオプションとなっており、Windowsが起動できなくて困ってい人はこのセーフモードを活用してみてください。

14.スタートアップ修復を

Windowsのほとんどの原因としてはWindowsOSが起動するときに発生した際にはスタートアップ修復を実行することで原因がわかることがあります。スタートアップ修復とは、WindowsOSが起動するときに原因となる問題を調査して、解決してくれる機能となっています。なのでWindowsの起動で問題がある場合は、どこに原因があるかをチェックする際に利用してみるのもいいかもしれません。

15.ウイルス対策ソフトを削除する

パソコンのウィルス感染対策としてセキュリティソフトをインストールしているパソコンが多くあるかと思いますが、実はこのウィルス感染対策ソフトがアプリケーションやデバイスの動作を邪魔してしまう場合があります。なのでその場合はウィルス感染対策ソフトを一度アンインストールして改善するかを試してみてください。しかしウィルス感染対策ソフトをアンインストールしたままにすると危険もあるため、一時的にするようにしましょう。

16.BSODトラブルシューターを実行する

BSODトラブルシューターというパソコンのトラブル改善ソフトを知っていますか。BSODトラブルシューターを利用することでパソコンでよく発生するブルースクリーンエラーを改善してくれたり、デバイスの不具合の原因を解決してくれたりします。このように万が一の際に改善できるソフトウェアはいくつか準備しておくとデータ破損や紛失に備えることができます。

17.SFCスキャンを実行する

そして最後に紹介する「system thread exception not handled」の対処方法としては、SFCスキャンによりファイル破損している対処をチェックすることです。SFCスキャンを実行すると対象のディレクトリでファイル破損しているファイルがないかをチェックしてくれます。このように「system thread exception not handled」の原因は様々ありファイルの場合アプリケーション・デバイスの不具合など幅広いので、「system thread exception not handled」の原因となっている可能性があるものを1つずつチェックしてみましょう。

SurfaceBook2の場合は「KB446782」をアンインストール