Windowsで「system thread exception not handled」のエラーが起きた時

system thread exception not handleのエラー原因は知っていますか。ここではWindowsでsystem thread exception not handledが発生した場合の対処法についてチェックしていきましょう。

Windowsで「system thread exception not handled」が起こる原因

Windowsで「system thread exception not handled」のエラーが発生してしまった経験はありませんか。ここではWindowsで「system thread exception not handled」のエラーが発生した際の原因についてチェックしていきましょう。Windowsで「system thread exception not handled」のエラーメッセージが表示された場合はどのような原因が考えられるのでしょうか。「system thread exception not handled」のエラー原因は、メモリの破損.やデバイスドライバーの不具合など幅広い原因が考えられます。

Windowsで「system thread exception not handled」が起こると

Windowsで「system thread exception not handled」エラーが発生する原因としては、ハードウェアのメモリやデバイスマネージャーのドライバー更新の不具合など幅広いこと原因考えられれます。Windowsで「system thread exception not handled」が発生すると正常にUSBデバイスが利用できなくなったり、アプリケーションやソフトウェアが動作しなくなってしまうことがあります。なので「system thread exception not handled」が発生した場合はそのままにしないようにしましょう。

Windowsで「system thread exception not handled」の対処法

WindowsのハH/W障害やUSB Driver不具合や周辺機器のドライバー不具合によって「system thread exception not handled」のメッセージが表示されてしまい、Windowsパソコンが正常に動作しなくなってしまった場合はどのような対処法をすればいいのでしょうか。ここではWindowsで「system thread exception not handled」のポップアップエラーが発生した場合のおすすめな対処法についてチェックしていきましょう。

1.デバイスのドライバソフトウェアをアンインストール

Windowsのエラーで「system thread exception not handled」が表示されてしまった場合は、デバイスマネージャーよりエラー原因となっているドライバーソフトウェアをアンインストールして、再インストールしてみましょう。「system thread exception not handled」の主な原因としては、ドライバーの不具合でエラーが表示されることがほとんどです。なので「system thread exception not handled」を解消したい場合は、ドライバーを一旦アンインストールしてみましょう。

2.メモリの診断もしくはメモリを外す

また「system thread exception not handled」の主な原因としては、ハードウェアのメモリが原因でもよく発生します。ハードウェアリソースであるメモリの故障や破損によっても「system thread exception not handled」が表示されてErrorとしてポップアップが表示されることもあります。もしメモリによってメッセージが表示されてしまう場合は、メモリの診断を実行したり、メモリを取り外ししてみましょう。

3.アプリケーションの更新もしくは無効

「system thread exception not handled」の主な原因としては、アプリケーションが原因となって多発することもあります。なのでアプリケーションが自動更新になっていたり、不要なアプリケーションが有効になっている場合は、一旦アプリケーションの更新と無効化設定をしてみてください。アプリケーションの設定を返納することで「system thread exception not handled」が改善する場合もあります。

4.システムBIOSを最新のものにする

関連する記事