既読をつけずにメッセージを確認できるアプリ「のぞきみ」を紹介!

メッセージアプリで、既読をつけずにメッセージの内容を確認したいということありますよね。iPhoneであれば3D Touchを使って簡単に既読をつけずにメッセージを確認できますが、今回紹介する「のぞきみ」というアプリを使えばAndroidでもそれができてしまいます。

「のぞきみ」とは??

「のぞきみ」はメッセージアプリに既読をつけずにメッセージを読むためのアプリです。

現在はLINE, Facebookメッセンジャー, Twitterの3つのアプリに対応しています。

仕組みとしては、Android端末が表示するそれぞれのメッセージアプリの通知からメッセージを読み取って動作しています。
LINEに関してはスタンプや写真(OS側の制限によりAndroid 11以降は未対応)の閲覧も可能です。

リリース以降、50万DLを突破し、現在は76万DL程で福井県の人口と同じくらいダウンロードされているそうです。

「のぞきみ」の使い方

「のぞきみ」の使い方は至ってシンプルな4ステップです。

1.本アプリを起動する
2.案内に従って「通知へのアクセス」を有効にする
3.(※メッセージアプリ側の通知設定が有効になっていることを確認する)
4.あとは、メッセージアプリの通知が来るのを待つだけです!

のぞきみがメッセージアプリの通知を読み取ると、アプリ内のそれぞれのタブに新着メッセージが並びます。

LINEの場合「新着メッセージがあります。」と表示されてしまうことが多く、その場合は通知からメッセージを読み取れないためアプリが機能しません。
対応策としてLINE側の設定でLetter Sealingの設定をOFFにするとその割合が減るので、利用開始時にはそちらの設定も併せて確認してください。

また、最近Huawei, ASUS, Oppoなどの中華系端末において「画面をロックした際にバックグラウンドで動いているアプリを強制的に停止する」という独自の設定により、アプリが正常に動作しないケースも多いそうです。
これらの端末を利用の際は、そちらの機能からのぞきみを除外しないとアプリが正常に動作しません。
メーカー側も苦情が多かったのか、LINEやGmailなどのメジャーどころのアプリは最初から除外されているようですが、のぞきみやその他のアプリはユーザー自身での設定変更が必要となるので気をつけましょう。

こんな人におすすめ

「既読をつけたくないが、メッセージを読みたい」と思っている、しかしのぞきみの事は知らないAndroidユーザーの方全員にオススメできます。

iPhoneにはLINEのトークを長押しすると既読をつけずにトークを開くことが出来る3D Touchという機能があることは有名です。
Androidでも機内モードにしてからメッセージを読むと一時的に既読をつけずに読めるのですが、ネットワークに接続してしまうと既読がついてしまいます。

Twitterなどを見ていると「iPhoneは既読をつけずに読めて羨ましい、Androidにも欲しい」という声をよく目にします。
3D Touch自体はiPhoneのハードウェアの機能なのでAndroid側で同様のことは出来ませんが、既読をつけずに読みたいなら、「のぞきみ」を使えばAndroidでも同じことができるんです!

「のぞきみ」開発のきっかけ

開発者の方は、Androidエンジニアであるものの、のぞきみは本業とは別に趣味で開発しているんだそうです。

Androidには「通知領域から情報を取得できる」仕組みがあるらしく、開発者の方がAndroid開発に入門してから2年くらい経った頃に、当時の業務でその仕組について調査する機会があったことから「面白いな、何か出来ないかな」と考えていたそうです。
そのうちに上記の仕組みを使えば「メッセージアプリのメッセージを取得できるのではないか」と気が付き、勉強のためにアプリを作り始めたのが「のぞきみ」誕生のきっかけだそうです。

スタートは完全に見切り発車だったそうですが、開発途中でダレてきたタイミングでストアで検索してみたところ類似のアプリがいくつか見つかったことで「このままリリースすれば少なからず需要はあるんだ」と判断してそのままリリースまで走りきったとのことです。

これから追加したいサービス

開発者の方は、アプリを作る前は既読をつけることにそこまで抵抗がなかったそうですが、作ってからは普通に1ユーザーとして利用しており、その中で感じる細かな使い心地の部分をもっと向上させていったり、一定数ユーザーから要望の来ている広告削除のための課金機能などを追加してより便利なアプリにしていきたいなと思っているとのことです。

しかし、その前に超えなければいけない大きな壁があるとのことです。
少し開発寄りの話ですが、アプリを作ったきっかけにもある通り当時Android開発経験がそれほど豊富でない状態での製作だったため、ソースコードが複雑でちょっとした変更も一苦労だったり、バグが生まれやすくなっているそうです。
そのため、どのような機能を追加するにせよ、その前にアプリのソースコードを綺麗に理解しやすくするためのリファクタリング(ソフトウェアの外部的振る舞いを保ちつつ、理解や修正が簡単になるように、内部構造を改善すること)を行うのが喫緊の課題だそうです。
当然ながらリファクタリングによってバグが生じてしまうと既存のユーザーにも影響があるため、なるべくそうならないように慎重に作業をしていく必要があるとのことです。

まずはリファクタリングを速やかに終わらせた後、どんどん便利な機能を追加していく予定だそうです。

まとめ

Androidでも既読をつけずにメッセージ内容を確認できるアプリ「のぞきみ」を紹介しました。androidだからと毎回諦めて既読をつけていた方や、iPhoneの3D touchがうまく使えない方はぜひ利用してみてください。

関連する記事