iPhone対応のモバイルプロジェクターおすすめ6選。小型の人気モデル

iPhoneは映像を再生する機器としても役立ってくれます。
動画サイトから様々な動画を紹介してくれたり、サブスクリプションサービスで好きなコンテンツを見るなど、携帯電話という枠組みを大きく超えて、映像を楽しむための機器としても日々進化しています。
ただ携帯できるサイズが前提ということもあり、迫力のある映像コンテンツを楽しみたい時には今一つ臨場感に欠けるというのも否めません。iPadもありますが、それも携帯できるサイズの範囲に限ってサイズアップしているものなので、映画館のような大スクリーンという訳にはいかないのが悲しいところです。
今回は、タブレットサイズよりも大きい画面で映像コンテンツを楽しみたいという方に向けて、iPhone対応のプロジェクターをご紹介していきたいと思います!

iPhone向けプロジェクターの選び方

iPhoneに対応したプロジェクターを選ぶ際、どの様なことに気を付けていかなければならないのか解説します!

プロジェクターの明るさ(ルーメン)をチェック

プロジェクターを選んでいくに当たり、まずは投影する明るさ(ルーメン)に注意することが大切です。
ルーメン(lm)とは明るさを表す単位の一つで、光速の単位に使われます。

プロジェクターは、ルーメン値が高いほどより多くの光の量でスクリーンへと投影できるという仕組みです。光の量が多いと画面がその分明るくなります。携帯性を重視したモバイルプロジェクターにおいては、小型化している分このルーメン値(最大輝度)が低く設定されています。

これは本体サイズと内蔵バッテリーの関係上仕方のないことなので、その中でもルーメン値が高く設計されていてより明るく投影できるモバイルプロジェクターを選ぶことが肝心です!

プロジェクターのバッテリー容量をチェック

内蔵バッテリーは、モバイルプロジェクターを選ぶ際には重要な要素の1つです。

モバイルプロジェクターは小型で持ち運びができるのがメリットのため、職場や友人の家などの外出先でも使いたいという動機で購入される方も多い製品です。
そうした用途で使われる際は、内蔵バッテリーは非常に大切になります。出先に必ずしもコンセントがあって電源を供給できるという訳ではありませんし、例えばレジャーで山や海などに訪れた時にはそうしたものはない場合がほとんどです。

その点、大容量バッテリーが内蔵されていれば、電源供給なしでも長時間の映像投影ができます。多くの場所で使いたい方にとって、内臓バッテリーは切っても切り離せない大きな決め手になり得ます。ただバッテリー容量が大きいと重さが増してしまうというデメリットもあります。そこはご自身の使用スタイルと相談で、最大稼働時間と重量のどちらも納得のいくものをご検討されてみて下さい!

接続方法をチェック

モバイルプロジェクターの接続方法は、ワイヤレス接続HDMIポート接続の2種類があります。
有線接続であるHDMIポート接続の方も、基本的にはかさばらない接続方法にはなりますのでiPhone以外でもパソコンやテレビを投影する用途でも使用したいという方には、HDMIポート接続にも対応しているモバイルプロジェクターを購入することを強くおすすめします。
iPhone対応モバイルプロジェクターを選ぶ際にもう一つ注意しなければならないことは、iosのバージョンに対応しているかという点です。対応していないものを買ってしまうと、最悪使えない恐れもあります。
そうならないためにも、お使いのiosのバージョンに対応しているかという点は必ず確認するようにして下さい!

iPhone向けプロジェクターのおすすめ

ソニー(SONY) ポータブル超短焦点プロジェクター LSPX-P1


こちらは、ソニーが出しているモバイルプロジェクターです。
独自開発の小型超短焦点レンズを採用し、わずかなスペースに設置するだけで22~80インチもの大画面で映像を楽しむことができるプロジェクターになっています。
明るさは100ルーメンとなりますので、特に暗い場所で投写するのに適しているプロジェクターです。
内蔵バッテリーは約2時間のリチウムイオンバッテリーを搭載していて、さらにスマホアプリと連動させることで時計や天気予報といったポスターコンテンツの投写もできる製品です!

LGエレクトロニクス(LG Electronics) プロジェクター PH30JG


こちらは、重量490gのコンパクトなサイズながらも、最大4時間まで使用可能な大容量のバッテリーを搭載したモバイルプロジェクターです。iPhoneにつなげる際はACアダプタを用いて接続が可能です。
明るさは250ルーメンでコントラスト比が10000:1なので、少し明るい場所での投写にも適しているタイプです。20~100インチの画面サイズに対応していて出力解像度はHDクラスまで対応で、さらにマルチアングルヒンジを備えているため自由な角度調節が可能な製品です。
このモバイルプロジェクター1台でスマホ充電もできるため、モバイルバッテリーとしても活躍します!
ビジネス、プライベート利用のどちらでも使用したいという方におすすめの製品です!

アンカー(ANKER) Nebula Capsule II


こちらは、円筒系の曲線フォルムが特徴的なモバイルプロジェクターです。
重量は740gと持ち運びにも便利なタイプです。投影の明るさが200ルーメンでHD画質に対応しているので場所を選ばず様々なロケーションで映像が楽しめる製品です。
HDMI、USBといった有線接続のみならず、WifiやBluetooth接続、Chromecastでの無線接続にも対応しています。このモバイルプロジェクター本体のOSにAndroid TVが採用されているため、iPhoneなどの外部機器に接続しなくても「Netflex」や「Youtube」などのアプリをダウンロードすることで映像コンテンツが楽しめてしまうのも大きなメリットです。プロジェクターだけでデバイスとしての機能があるのは大きな魅力です。
プロジェクターとしての機能だけでなく、1台で映像コンテンツが楽しめるものが欲しいという方におすすめの製品です!

エイスース(ASUS) ポケットLEDプロジェクター ZenBeam E1Z


こちらは、重量370gのポケットにおさまるほどコンパクトなモバイルプロジェクターです。
ポケットサイズだから性能が低いかというとそんなことはなく、6400mAhのバッテリーを内蔵しているため最長で約5時間のバッテリー駆動を誇ります。こちらもiPhoneが充電できる仕様で大容量モバイルバッテリー機能も備えられています。iPhoneと接続する際はACアダプタを使い、HDMIケーブルで接続できます。
小型ながら最高150ルーメンの明るさと3500:1のコントラスト比を有しているのでモバイルプロジェクターとしての標準的なスペックを十分に満たしています。
ポケットサイズの超コンパクトなモバイルプロジェクターが欲しいという方におすすめの製品です!

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) モバイルプロジェクター PRJ-7


こちらは、明るさと解像度に重きを置いたモバイルプロジェクターです。
内蔵バッテリーでの使用時で500ルーメン、AC接続での使用時で700ルーメンの明るさで使用できるので、多少明るい場所でも十分に投影できるスペックを有しています。
解像度も高くモバイルバッテリーながらもFull HDに対応していて、そのためBlu-rayディスクの視聴やFull HDストリーミング動画でも鮮明な映像のままで投影できるのが大きなメリットです。
内蔵バッテリーは10200mAhなので約90分の映像投影が可能で、こちらもUSB端子を使ってiPhoneの充電もできる機能が備わっているものになります。
iPhoneと接続する際はApple Digital AVアダプタを使いHDMIケーブルで接続が可能です。
モバイルプロジェクターと言えど投影される画質は鮮明なままが良いという方におすすめの製品です!

ベンキュー(BenQ) ポータブルプロジェクター GV1


ベンキューという液晶モニタやプロジェクターで、人気の会社が手掛けたオーディオ付きのモバイルプロジェクターです。自動台形補正機能が備わっているので100インチの大画面でも瞬時に調節でき、レンズ部分の投影角度の調節が簡単というのもメリットです。
重量は708gで明るさが200ルーメン、コントラスト比が100000:1と重さの分高性能です。
入力解像度はVGAからFull HDまで対応していて、出力解像度は854×480画素に対応しています。
iPhoneと接続する際はWiFiやUSB-Cケーブルで接続が可能です。
幅広いシーンでお使いいただけるコンパクトで扱いやすい製品です!