iPhone iOSとAndroidスマホのシェアやメリット・デメリットなどを比較

「端末価格はiPhoneのほうが圧倒的に高いことが分かったけど、上記で比較した4種類の端末の性能はどのくらい異なるの?」と疑問に思っている方もいるはずです。

そこで、ここからは、iPhoneとAndroidの性能を比較していきます。

iPhone XS MaxGalaxy S9Huawei P20 ProZenfone 5
容量64GB
256GB
512GB
64GB128GB64GB
画面解像度2688×12422968×14402240×10802246×1080
カメラの画素数1,200万画素1,220万画素1,000万画素1,200万画素
連続待受時間約400時間約330時間約495時間

「iPhone XS MAX」は、連続待受時間ではなく、各「連続再生時間」を以下に記載します。

iPhone XS MAX
連続通話時間最大25時間
連続インターネット時間最大13時間
連続ビデオ再生時間最大15時間
連続オーディオ再生時間最大65時間

基本性能ではiPhoneが優勢

基本的に最新iPhoneのスペックの方が高いですが、「Galaxy S9」に関しては、最新のiPhoneと比較しても「画面解像度」「カメラの画素数」ともに引けをとりません
そのため、iPhoneに近いAndroidと言うこともできます。

端末自体の容量に関しては、iPhoneではどのシリーズも3種類ほどの「容量サイズ」が用意されています。

iPhoneのメリット・デメリット

ここからは、iPhoneのメリット・デメリットについてまとめていきます。

iPhoneのメリット

iPhoneのメリットには、以下のものが挙げられます。

  1. 他のApple製品(iPadやApple Watch)と同期できる
  2. 相談できる人が多い
  3. 初心者にも無難な仕様

他のApple製品と同期できる

iPhoneは、それ単体の機能はもちろんのこと、iPadやApple Watchといった他のApple製品と同期することができます。

そのため、iPhoneにある音楽をApple Watch単体で聞くことができるようになったり、iPadで作成した資料をiPhone閲覧・編集することが可能となります。

相談できる人が多い

iPhoneは、Androidのスマホとは異なり、メーカーがApple社で統一されており、全シリーズとも大まかな規格は同じになっています。

また、日本においてはiPhoneのシェアがAndroidを上回っています。

このことから、iPhoneを使用していてい分からないことがあっても、すぐに誰かに相談して解決することができます。

初心者にも無難な仕様

iPhoneは、なんといっても「スマートフォン初心者でも操作しやすい」というメリットがあります。

iPhoneを買えば、特に細かい設定をする必要もなく、感覚的に操作することができます。

iPhoneのデメリット

次にiPhoneのデメリットをまとめます。
iPhoneのデメリットとして考えられるのは、以下の2点です。

  1. 値段が高い端末しかない
  2. 自分でカスタマイズできることが少ない

値段が高い端末しかない

iPhoneの最大のデメリットと考えられるのが「iPhone端末の値段」です。

先述している通り、iPhone端末はAndroidと比べて、非常に高い値段設定がされています。
いくらiPhoneの機能が良い・シンプルで使いやすい仕様であっても、値段が高いと購入することをためらってしまいます。

特に、最新機種になるほど高価格です。
そのため、「必ずiPhoneの最新機種を買わないと気が済まない」という方以外は、購入しにくいです。

自分でカスタマイズできることが少ない

iPhoneは、操作性がシンプルで分かりやすいというメリットがある一方で、自分好みのカスタマイズがしにくいというデメリットもあります。

「ホーム画面を自分好みにアレンジしたい」などの願望がある方には、Androidのほうが向いていると言えます。

Androidのメリット・デメリット

続いて、Androidのメリット・デメリットをご紹介していきます。
Androidの利用を検討している方は、参考にしてみてください。

Androidのメリット

Androidのメリットとしては、以下の5点を挙げることができます。

  1. 格安の端末がある
  2. Google関連アプリとの相性が良い
  3. カメラ性能がiPhoneより良いものがある
  4. 自分でカスタマイズできる要素が多い
  5. SDカード/おサイフケータイなどが使える機種がある

格安の端末がある

Androidのスマートフォンには、格安で購入できる端末があります。
特に、「格安SIMとセット」だとかなりお得にAndroidスマホを購入できます。

格安SIMの「mineoセット端末」「Zenfone 4 Max」を購入する場合、一括購入価格は「19,800円」と、2万円を切る価格でAndroidスマホを手に入れることが可能となっています。

Google関連アプリとの相性が良い

Androidで使用されている「Android OS」は、Google社によって開発されたものです。
そのため、Androidスマホは、「Googleスプレッド」「Googleマップ」「Googleフォト」などのGoogle関連アプリと相性が良いです。

例えば、Androidスマホで「Googleスプレッド」を利用する場合、表の中に挿入された写真はしっかり表示されますが、iPhoneでは写真が表示されません

Google関連のアプリを利用する機会が多いという方は、Androidスマホのほうが相性が良いと考えられます。

カメラ性能がiPhoneより良いものがある

Androidのメリットの一つとして、「カメラ性能がiPhoneより良い端末がある」ことが挙げられます。

例えば、ソニーの「Xperia XZ1」は、メインカメラの画素数が「約1,920万画素」、フロントカメラが「約1,320万画素」でかなりの高解像度となっています。

また「先読み撮影機能」が搭載されており、「Xperia XZ1」のカメラが被写体の動きや笑顔を感知した際に、自動的に画像を一時保存してくれます。
この機能によって、シャッタータイミングが遅れてしまっても心配ありません。

「Xperia XZ1」は、「スーパースローモーション撮影機能」も搭載されており、1秒当たり960コマもスーパースロー映像を撮影可能です。

自分でカスタマイズできる要素が多い

すでに説明している通り、Androidスマホは、自分でカスタマイズできる要素が多いです。

Androidには「ウィジェット」という「アプリのショートカット機能」があります。
ウィジェットを利用することで、Androidスマホを自分が使いやすいように、オシャレにカスタマイズすることができます。

SDカード/おサイフケータイなどが使える機種がある

Androidでは、SDカードを利用することができます
SDカードをAndroidスマホに挿入することで、端末内で保存できる容量を格段に増やすことができます。

また、Androidでは「おサイフケータイ」機能を使うことができます
おサイフケータイ機能を持つAndroidがあれば、様々な場面での支払いが楽になります。

Androidのデメリット

1件のコメント

  • とおりすがり

    情報ありがとうございます。
    私の中でiPhoneシェア率は数年前の情報のまま止まっていたので驚きました。
    アメリカでもAndroidの方が人気なんですねー。

    と、細かいことですが、世界のシェア率と日本のシェア率、表記の順番を統一した方がいいかと思います。
    Androidの方が多いように一瞬空目しました。。

コメントを残す




CAPTCHA