iPhoneへの乗り換えは不便すぎてデメリットしかない!?

次は操作面からAndroidからiPhoneは後悔&デメリットしかない理由を見ていきます。

iPhoneのほうがサクサク動くイメージがあり、Androidは使いにくいという声もちらほら見かけます。

しかし現状、AndroidからiPhoneは後悔&デメリットしかないのです。

①ホーム画面のカスタマイズがあまりできない

iPhoneにはホーム画面をカスタマイズするための機能がありません。

壁紙くらいであればカスタマイズすることができるのですが、

  • アプリのショートカット起動できるウィジェット
  • アイコンの変更

などができません。

初期設定のまま使わなくてはならないため、iPhoneは不便すぎてデメリットしかないといわれます。

②マルチタスクの操作ができない

Androidには「マルチウィンドウ」という機能が搭載されています。

これによりマルチタスクが可能なのですが、iPhoneにはマルチタスク機能はありません。

2画面分割やポップアップ表示などを可能とするマルチタスクができないのは不便すぎてデメリットしかないです。

どうしてもマルチタスクをしたい場合は、アプリがリリースされているのでインストールすることができますが

  • 無料版だと機能が制限されている
  • ほとんどが有料版

など、デメリットしかないのです。

③Officeのアプリが使えない

AndroidではOfficeのアプリを自由に使うことができますが、iPhoneではOfficeのアプリを使うことはできません。

生産性向上のためにOfficeのアプリを使っているビジネスマンは多いと思いますが、iPhoneではOfficeのアプリを使って生産性を高めることはできないのです。

仕事でiPhoneを使っているユーザーにとってOfficeのアプリが使えないのはデメリットしかないですし、不便すぎるという声が上がるのも致し方ありません。

④アプリケーションをまとめて終了できない

Androidではホームボタンを長押しして、起動中のアプリケーションを全て終了させることができます。

1つ1つ消していく必要が無いのですが、iPhoneだと1つ1つアプリケーションを終了させていく必要があります。

この点ではデメリットしかないといわれており、不便すぎるiPhoneのダメな点でもあるでしょう。

⑤キーボードの操作でできることが少ない

iPhoneはフリック機能が搭載されていますが、そこまでハイスペックではありません。

反対にAndroidでは英語を打ち込む際に、フリックすれば数字を打ち込むことができるのでキーボードの切り替えが不要です。

数字や英語、日本語を連続で打ち込む際にiPhoneよりもAndroidのほうがキーボードの操作性は高いといえます。

【端末関連】AndroidからiPhoneは後悔&デメリットしかない!

では次に端末関連のAndroidからiPhoneは後悔&デメリットしかないの理由を見ていきます。

iPhoneとAndroidの端末スペックはAndroidのほうが高くなっています。

それによって生じるiPhoneとAndroidの差を見ていきましょう。

①修理などのメーカーの補償がAppleCare一択

関連する記事