iPhoneへの乗り換えは不便すぎてデメリットしかない!?

iPhoneのアクセサリーとして

  • 保護フィルム
  • ケース・カバー
  • 充電ケーブル
  • Battery

などがありますが、種類がとにかく豊富です。

メルカリなどを見てみればわかりますが、Androidと比較しても商品数は圧倒的。

④MacやiPadとの連携が早くてスムーズ

同じAppleが開発している分、MacやiPadとの連携が非常にスムーズです。

Androidも連携することはできますが、iPhoneほどスムーズに移行できるわけではありません。

ワンタッチで連携できてしまうのはiPhoneのいい点です。

⑤iPhoneにしかないアプリケーションがある

開発されたアプリは

  • iPhone:App Store
  • Android:Google Play Store

に掲載されますが、大体App Storeから先に配信されることが多いです。

iPhoneユーザーも多いですし、インストールしてくれる割合はiPhoneのほうが良いようです。

⑥ウイルス対策ソフトやアプリケーションが不要

App Storeからリリースされているアプリは全てウイルスチェックを通過しています。

Google Play Storeはウイルスチェックのソフトを自分でインストールする必要がありますが、iPhoneはその必要はありません。

さらに、iPhone内にあるウイルスは別のアプリに感染することもありません。

⑦電池の持ちがいい

Twitterや口コミサイトを見ればわかりますが、iPhoneはAndroidに比べて電池の持ちがよいことで知られています。

Androidは充電スピードが速いことでも知られていますが、それ以上に充電の減りも早いのです。

iPhoneは充電スピードに欠ける部分がありますが、それ以上に充電の持ちがよいのです。

みんなiPhoneばかりで気持ち悪いと思う理由

SNSを見ていると「日本ってiPhoneばかり」といったネガティブな投稿がたくさん見られます。

この理由はiPhoneはカラーバリエーションが多いからだといえるでしょう。

Androidは開発メーカーによって若干形が違ったりしますが、iPhoneはAppleだけが生産しているのでiPhoneの形は変わりません。

カラーバリエーションも多く、色々な買い手がつくこともありiPhoneばかりに見えてしまっているのです。

統計を取ればAndroidのほうが利用者が多いのですが、一目で判断することが難しいだけです。

iPhone離れ!?Android離れも明確に

もともとiPhoneは高価なイメージが付いており、若者はこぞってiPhoneを購入していました。

しかし、Googleなどの参入によりAndroidのシェア数がiPhoneを抜いています。

これにより一時期Androidのシェアが拡大した時期もありましたが、現在はAndroidからも離れていっているようです。

同じメーカーを使い続けるユーザーは少なく、1年に1回別のスマホに買い替えるということも珍しくありません。

色々な理由があるにせよ、iPhone・Android離れは顕著にデータとして表れている現状があります。

iPhoneからAndroidに機種変更する方が不便だった!?

関連する記事