【Java】スクリプトエラーでUpdateできない時の対処法

スクリプトエラーが原因で自動更新できなかったり、Updateできなかったりする場合は、ユーザーアカウント制御を無効にすると解決するかもしれません。以下の手順を踏むことで制御を無効化することができます。

  1. 「コントロールパネル」をクリック
  2. 「ユーザーアカウント」を選択
  3. 「ユーザーアカウント制御設定の変更」を選択
  4. 左側にあるレベルを1番下まで下げる
  5. 「はい」をクリック

対処法⑥セキュリティソフトを一時停止する

Javaのスクリプトエラーによって自動更新やUpdateができない時は、セキュリティソフトが原因かもしれません。一度、セキュリティソフトを無効化してから、JavaのUpdateを試してみてください。それでも自動更新ができないような時は、上記した手動でのアップデート方法も試してみましょう。

【Java】Updateの必要性

「スクリプトエラーによってJavaのUpdateができないけど、そもそもUpdateって必要なの?」と思われている方も多いはずです。結論を言うとUpdateは必ずしてください。Updateをすることで、以下の2つの恩恵を得られます。

・セキュリティの強化

・性能面の向上

それぞれについて詳しく解説していきます。

必要性①セキュリティの強化

Javaを最新のものにUpdateしておくことで、セキュリティがより強固になります。Javaはその汎用性の高さから多くの場所で利用されていますが、それに伴いJavaに対する攻撃の数も多いと言われています。多くのUpdateを重ね、その度に最新の攻撃に耐えられるようになっているというわけです。スクリプトエラーにより更新されないこともありますが、最新の状態を保つように心がけましょう。

必要性②性能面での強化

JavaではUpdateのたびに、セキュリティだけでなくスペック面の強化も行われています。ユーザーがより快適に使えるように、動作の安定感やプログラムの処理速度の向上などが主な強化点です。Javaの動作が重く感じてきた方は、最新のUpdateがされていない可能性が高いので確認しておきましょう。

【Java】Updateの手順

ここからはJavaのUpdate手順を解説していきます。

Java Update〜Windows〜

まずはWindowsでJavaのUpdate手順を紹介していきます。WindowsのUpdate方法は以下の通りです。

  1. 「コントロールパネル」を選択
  2. 「更新タブ」を選択
  3. 「今すぐ更新」を選択

Java Update〜Mac〜

関連する記事