【Java】スクリプトエラーでUpdateできない時の対処法

続いてMacユーザーのJava Update方法を解説していきます。Macのアップデート方法は次の通りです。

  1. 「システム環境設定」を起動
  2. 「Java」を選択
  3. 「更新タブ」から更新を行う

【Java】自動更新を設定する手順

次にJavaの自動更新を設定する手順について解説していきます。スクリプトエラーが起きない限り、自動的に最新版のJavaをインストールしてくれるのでとても便利な機能です。利用していない方は、ぜひ利用してみてください。

自動更新の設定手順〜Windows〜

WindowsユーザーでJavaの自動更新を利用したい方は以下の手順で設定してください。

  1. 「コントロールパネル」を選択
  2. 「更新タブ」を選択
  3. 「更新を自動的にチェック」にマークする

自動更新の設定手順〜Mac〜

MacユーザーでJavaの自動更新を利用したい方は以下の手順で設定してください。

  1. 「システム環境設定」を起動
  2. 「Java」を選択
  3. 「更新タブ」を選択
  4. 「更新を自動的にチェック」にマークする

【IE】スクリプトエラーが出る時の対処法〜Windows10〜

Javaの自動更新の際だけでなく、インターネットブラウザを使用しているときのもスクリプトエラーが出ることも。ここからは、インターネットエクスプローラーの使用中にスクリプトエラーが出たときの対処法を紹介していきます。

対処法①Cookie/一時ファイル/履歴を削除する

インターネットエクスプローラーの使用中にスクリプトエラーが出る場合は、「Cookie」と「履歴」を消去してみてください。インターネットエクスプローラー上の処理の数が減り、エラーがなくなることがあります。

対処法②IEの設定を変更する

上記した「cookie」などを削除することでスクリプトエラー表示を消すことはできますが、上の方法だとその度に消さなくてはなりません。しかし、インターネットエクスプローラーの設定をいじることで面倒を減らせます。

設定変更の手順

具体的な設定変更の手順は以下の通りです。

  1. 「ツール」を選択
  2. 「インターネットオプション」を開く
  3. 「詳細設定」を選択
  4. 「スクリプトごとに通知を表示する」をオフにする
  5. 「スクリプトのデバッグを使用しない」をオンにする」

対処法③Windowsを以前のバージョンにする

スクリプトエラーが何回も発生する時は、インターネットエクスプローラーではなくWindowsのUpdateが不具合の元かもしれません。そのような時は、OSをインストールし直すか、前のOSに戻すといった処置が有効です。

関連する記事