【Java】スクリプトエラーでUpdateできない時の対処法

手順

旧バージョンにOSを戻したい方は以下の手順を踏みましょう。

  1. 「設定」を選択
  2. 「更新とセキュリティ」を選択
  3. 「回復」を選択
  4. 「前のバージョンのWindowsに戻す」を選択

対処法④IE以外のブラウザを使う

インターネットエクスプローラーでも十分にブラウジングは可能ですが、先述した通りスクリプトエラー表示に悩まされる可能性があります。現在では多くのブラウザソフトが出ていますので、そちらのブラウザの使用がおすすめです。ここからはおすすめのブラウザを紹介していきます。

おすすめブラウザ①Chrome

まず紹介するブラウザが「Google Chrome」です。世界中のインターネットユーザーに利用されているブラウザであり信頼感は抜群。拡張機能も豊富で自分好みにカスタマイズしやすいという強みがあります。

おすすめブラウザ②Firefox

次におすすめするブラウザが「Firefox」。拡張性に秀でており、多くのファンを抱えているブラウザです。Chromeの見た目が好みでない方や、少し違ったブラウザを使いたいという方におすすめ。

おすすめブラウザ③Opera

拡張性ではなく、動作の快適さを求めるなら「Opera」がおすすめです。「スピードダイヤル機能」など速度にこだわった機能が満載。いち早く情報を知りたい方におすすめのブラウザです。

まとめ

本記事ではJavaのUpdateに関する情報をまとめてきました。Javaがよく使われているものですが、どんなものにもエラーはつきものです。本記事を参考にしながら、ぜひ解決してみてください。

関連する記事