未分類

League of Kingdomsの特徴とLOKAを解説

2022年7月13日

League of Kingdomsとは、NFTゲーム初のMMO戦略型ゲーム。イーサリアムチェーン上で稼働。基本プレイは無料で始めることができ、遊びながら稼げます。本記事ではLeague of Kingdomsの特徴、始め方、遊び方などを説明します。

League of KingdomsはMMO戦略型ゲーム

League of Kingdomsは、2021年7月にリリースされた、イーサリアムブロックチェーン上で稼働する初のMMO戦略型ゲームです。シンガポールのNPLUS ENTERTAINMENT PTEという企業が運営してます。

MMO(Massively Multiplayer Online:大規模多人数オンライン)戦略型ゲームでは、数百人~数千人がネット上で同時にゲームを行うことができます。開始当初は数千人だったユーザーは10万人を超える人気となっています。

League of Kingdomsでは、多数の王国が作られており、各国が大陸の覇権をめざして争いを繰り広げます。王国内の育成のみならず、戦争や同盟など王国間の駆け引き、戦略を練って王国を強くすることが醍醐味なのです。

さらには、Play to Earn型のNFTゲームなので、遊びながら稼ぐことが可能なのです。

League of KingdomsはLOKAとNFTで稼げる可能性

League of Kingdomsは、ガバナンストークンとしてLOKAを、ゲーム内の流通用トークンとしてDAIを発行しています。LOKAはバイナンスなどの仮想通貨取引所に上場されており売買が可能です。値動きの荒い仮想通貨市場の例にもれず、LOKAも乱高下しており、現在は安値の傾向にあります。今後、League of Kingdomsのユーザー数が増加し人気が出てきて価格が上昇すれば利益を稼げるかもしれません。

また、League of Kingdomsには、ランドをはじめさまざまなNFTアイテムがあり、OpenSeaなどのNFTマーケットプレースで取引されています。なかには、数百万円という値段をつけているランドの例もあります。希少価値の高いNFTアイテムを収集保持すれば売買で稼げるかもしれません。

League of Kingdomsの稼ぎ方

League of Kingdomsで利益を得るには、以下の3つの方法があります。

  • 所有するランドからの決まった収入
  • ランドの価値を上げてから売る
  • ゲーム内で獲得したアイテムを売る

以下で詳しく説明します。

なお、ランドを拡張するにはゲームをするほかに、有料アイテムやランド運営資金などを必要とします。したがって、ランドへの投資額とランドからの回収額をチェックして収益がプラスになるようにする必要があります。また、仮想通貨の値動きも念頭に置いておくことが必要です。

所有ランドからの固定収入

League of Kingdomsの大陸の土地はランドとしてNFT化されており、NFTマーケットプレースで売買されています。購入してランドを所有すると、そのランドからの上りを得ることができるのです。具体的には以下の2通りの収益が見込めます。

  • プレイヤーが自分の土地で収穫したゲーム内資源については、その5%が土地所有者は配分される。
  • プレイヤーがアプリ内課金を払った場合、その純益の 10%がDAIで配分される。

したがって、主有するランドを拡張すればするほど、収入も大きくなるのです。

ランドの売買

League of Kingdomsの大陸のランドとしてNFT化されており、NFTマーケットプレースOpenSeaで売買されています。ランドの価格は、ランドの立地やランドのレベルに応じて変化します。ランドのレベルが高ければランドの価格も高くなります。しかし、ランドのレベルを上げるには、アイテムの収集などによって投資をできるだけ抑えることが必要。

アイテムの売買

次のページへ >