LINEで誕生日当日に誕生日カードが表示されない場合の対処法

次の当日誕生日カードの「カード」ボタンが表示されない場合の対処方法は誕生日の公開です。

LINE上で誕生日の公開をしておくと、当日誕生日カードを表示させることができます。

誕生日まで待機

次の当日誕生日カードの「カード」ボタンが表示されない場合の対処方法は誕生日まで待機する方法です。

先ほども挙げた通り、当日誕生日カードは

  • 前日
  • 当日
  • 翌日

の3日間しか表示されないです。

そのため、最高でも前日まで待機しておきましょう。

ブロックされていても誕生日カードの「カード」ボタンは表示される

ブロックしているユーザーに対して「誕生日が近い友だち」は表示されません。

しかし、当日誕生日カードがないからといってそのユーザーがあなたをブロックしているとは限らないのです。

誕生日の公開は危険?アカウントの乗っ取りに注意

実はLINE上で当日誕生日を公開するのは危険だといわれています。

その理由が「アカウントの乗っ取り」。

過去にもアカウントの乗っ取りの被害にあっているLINEユーザーはたくさんいます。

誕生日通知の公開範囲を設定

アカウントの乗っ取り被害にあわないためには誕生日通知の公開範囲を設定する必要があります。

全員に公開しない

まずは全員に公開しないことです。

誕生日をみんなから祝ってほしいという気持ちはとてもわかりますが、これは非常に危険。

そのため、誕生日通知を送付したくないユーザーがいる場合はOFFにしておきましょう。

また、年齢を非公開にしていても誕生日はこうかいされているようになっていま。

このONとOFFはすぐに切り替えられるので少しでも危険だと思うユーザーがいればOFFにしておきましょう。

一部の相手に公開しない

実はLINEには一部のユーザーを非公開設定にする機能がありません。

そのため、設定のタイムラインから友達の公開設定を選択する必要があります。

ここで非公開リストへ誕生日の公開をしたくないユーザーを設定しておきましょう。

すると、タイムラインの投稿全てを非公開にすることができます。

LINEアカウントの乗っ取りを防ぐためのポイント

ではLINEアカウントの乗っ取りを防ぐためのポイントをご紹介します。

パスワードを複雑にする

まずはパスワードを複雑にする子です。

パスワードに対するセキュリティ被害は年々増加しており、2021年以降も増え続ける傾向にあります。

PCの性能などを考えるとやはり15桁以上が望ましいでしょう。

ただ、利用するサービス全てに15桁のパスワードは難しいのでLINEだけでもパスワードを複雑にしておくことを推奨します。

パスワードを使い回さない

関連する記事