【これだけは知っておきたい】iPhoneでLINEを再起動するやり方とは?

ども、Apple Geekです!今回はiPhoneで LINE を再起動するやり方をご紹介します。

▼3/11、22:00以降も絵文字タブが表示されない方はこちら

LINE に不具合が生じた場合には LINE の再起動が有効的です。

この手法は以外と知られていませんが、 LINE に関わらず他のアプリケーションで何かと不具合が生じたい場合にも使えます。

簡単なので、iPhoneを再起動したり初期化する前にぜひ試してみてください。

こんな時は LINE の再起動をするべき

「LINEが開かない」、「絵文字タブが表示されない」「スタンプが表示されない」、「アップデートができない」といった不具合が頻発して生じることが多くありますよね。無料アプリなだけに仕方ないことかもしれませんが、使うユーザー側としては悩みの種です。

こういった不具合が起きた場合、すぐに初期化するのではなく1度 LINE の再起動を行うことがおススメです。

大概の不具合に対して、この LINE 再起動をすることで解決した事例がたくさんあります。

LINE を再起動する正しい方法

アプリは、1度閉じても実質はバックグラウンドで起動しているので、どんどん蓄積して容量の圧迫や不具合動作の原因になります。

そこで、定期的に以下の削除作業を行います。

その後あとに再度アプリを開くと再起動です。

  1. ホーム画面でホームボタンを2回連続タップします
  2. 画面したに表示された該当アプリのタスクを上にスライドして削除します
  3. 再度 LINE アプリを開きます

そうすると以下の起動画面が表示されるはずです。

【注意】間違った LINE の再起動方法

ホームボタンを押して LINE アプリからホームに戻る(←間違いの再起動)

案外やってしまいがちですが、実は、この方法では LINE の再起動は出来ていません。

今のスマホには「マルチタスク」という機能があり、バックグラウンドとしてアプリは動き続ける様になっています。

つまり、この方法ではアプリは終了できず、裏でスタンバイしている状態となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今や LINE は私たちの日常生活のコミュニケーションツールとして欠かせない存在になっています。

もし、 LINE 再起動があなたの症状に対して役に立たなかった場合、アンインストールという手段もあります。

⇒LINEをアンインストールする方法はこちら

また LINE 不具合の解決方法をいくつかの症状別でまとめたのでご活用ください。

【最新!】絵文字タブが表示されない障害についてはこちら

コメントを残す