読み取り専用のファイルが解除できない時の対処法を徹底解説

Windowsで読み取り専用ファイルが解除できない時の対処法として最初に行うことはPCの再起動です。PC関連でトラブルが起きたらまずはPCの再起動を行なってみましょう。一時的に起きているエラーなら再起動で解決することがあります。

対処法②アプリがファイルを使用していないか確認する

起動しているアプリやソフトがファイルを使用していると読み取り専用のファイルの解除を行うことができません。読み取り専用ファイルを解除できない時の対処法の2つ目として、起動させているアプリやソフトを終了させて読み取り専用の解除できないかどうか確認してみましょう。

対処法③対象ファイルのプロパティを開いて解除する

読み取り専用ファイルを解除できない時の対処法の3つ目は、対象のファイルのプロパティを開いて設定の変更を行いましょう。手順は以下の通りです。

  • 対象ファイルのプロパティ>全般タブ>読み取り専用のチェックを外す

複数のファイルを解除する方法

フォルダ全体ではなく、特定のファイルを複数同時に読み取り専用解除することができます。複数のファイルを解除する手順は以下の通りです。

  1. 対象のファイルを表示させエクスプローラーの右上にある検索ボックスに半角で”*”を入力する
  2. 全選択してプロパティを開く
  3. 読み取り専用のチェック欄を空欄にする

対処法④管理者アカウントでログインして解除する

読み取り専用のフォルダ解除できない時の対処法でも紹介しましたが、管理者アカウントでログインしていないと読み取り専用のファイルの設定を変更できないことがあるので、管理者アカウントでログインし直して設定を変更してみましょう。

対処法⑤セキュリティソフトを一時的に停止する

サードパーティ製のセキュリティソフトの影響で読み取り専用ファイルを解除できないことがあります。解除を行う時だけ一時的にセキュリティソフトを停止して読み取り専用が解除できるかどうか試してみましょう。

ファイル非表示でプロパティを開けない場合の対処法

ファイルが隠しファイルになっているとプロパティを開くことができないので、すぐには読み取り専用ファイルを解除できないことがあります。隠しファイルの設定を無効にして読み取り専用の解除を行いましょう。隠しファイルの設定を無効にする手順は以下の通りです。

  • エクスプローラー>表示>隠しファイルのチェックを外す

読み取り専用ファイルを解除する方法

では次は、読み取り専用ファイルを解除する手順の紹介をします。Office・MacのFinderそれぞれの解除法を紹介します。

Windows(Word・Excel)

関連する記事