Twitterの@tosとは?ゲーム募集、質問箱での使用例も紹介

皆さんはTwitterの@tosを見たことはありますか?色々なところでTwitterの@tosを見ますよね。そこで今回はTwitterの@tosとは一体何なのかについて見ていきます。またTwitterの@tosの使用例も見ていきます。

Twitterでよく見かける@tosとは?

ではTwitterの@tosとは何かについてみていきます。

Twitterの@tosとは色々なところで見かけますが何のことかわからない人も多いでしょう。

@tosは自分のタイムラインだけ見えるツイート

@tosとは自分のタイムラインだけ見えるツイートです。

普通Twitterでは自分のツイートはタイムラインへ流れます。

そしてフォロワーさんにみて貰うことが出来ます。

しかしTwitterの@tosを活用すればタイムラインに表示させないようにすることができます。

そのため自分だけの秘密にしたいツイートなどを@tosで見えなくすることが可能です。

のちにその使用例について見ていきます。

@tosの仕組み

では@tosの仕組みを見ていきます。

@tosの仕組みとはTwitter者が独自で保有しているものの運用されていないアカウントのことです。

つまり@tosを活用して誰もフォローすることができない@tosに充ててツイートをしていることになります。

ただ一般的な@tosと差異はないので了承しておきましょう。

@tosは仕様変更された

ただ@tosは仕様変更されたんです。

@tosの仕様変更により@tosへの返信はどの場合でもタイムライン上へ流れてしまうようになりました。

そのため@tosに反応したい場合は@tosを付けて引用リツイートする必要があります。

少々面倒ですがリプをすることは避けておきましょう。

トスツイのやり方

ではトスツイのやり方を見ていきます。

トスツイのやり方はほとんどリプライと一緒です。

普通はリプライで「@〇〇 つぶやく内容」で送ることができます。

しかしトスツイのやり方は「@tos つぶやく内容」ですることができます。

一番最初に書く必要があるので「@〇〇 @tos つぶやく内容」ではトスツイにはなりません。

tosへのメンションになりタイムライン上に流れてしまうので注意しましょう。

タイムライン上でトスツイが見える原因

ではタイムライン上でトスツイが見える原因を見ていきましょう。

タイムライン上でトスツイが見える原因にはいくつかあるので1つ1つ見ていきます。

自分のタイムラインに見えているだけ