Facebookで他人の名前を検索すると友達かもに表示されてバレる?

この記事は約 11 分で読むことができます。

Facebookで知り合いの名前を何度も検索(何度も訪問)すると相手にバレるのか?この記事では「知り合いかも」に表示される仕組みや、足跡や履歴について・逆に自分が相手の「知り合いかも」に出てこないようにする方法を紹介しています。

Facebookでは相手を何度も検索してもバレない

facebook,検索,バレる

Facebook「友達ではないけれど、気になる人を検索したこと」みなさんもあるのではないでしょうか?
ただ、Facebookを使って誰かを何度も検索すると、「自分が検索していることが相手にバレてしまうのではないか」不安に感じてしまいます。

結論から言うと、Facebookを使って何度も他人を検索しても、自分が検索していることが相手にバレる心配はありません

公式情報『Facebookには足跡機能は存在しない』

Facebookで誰かを検索してしまうと、「Facebookの足跡機能」によって、自分が検索していることがバレてしまうのではないかと不安に感じる方がいます。

Facebookの公式ヘルプセンターにも記載されていますが、Facebookには「足跡機能」のような、「利用者を追跡するサービス」は存在しません

Facebookでは、プロフィールを見た利用者を追跡できません。外部アプリにもこの機能はありません。

-Facebook「ヘルプセンター」より引用

そのため、誰かを検索したとしても、自分が検索していることが相手にバレることはありません

公式情報『知り合いかもに表示される情報源に訪問歴は含まれない』

Facebookの特徴的な機能として、「知り合いかも」というものがあります。

「知り合いかも」機能によって、まだFacebook上で友達になっていなかった友人や、昔同じ学校に通っていた同級生などを見つけることができます。

ただ、この「知り合いかも」機能があることで、「誰かを検索したら、相手の『知り合いかも』に自分が表示されてしまい、自分が検索していることを相手に知られてしまうのでは?」と不安に思う方もいるのではないでしょうか。

実のところ、誰かを検索したことで、その人の「知り合いかも」に自分が表示されてしまうことはありません
Facebook公式のヘルプセンターによると、「『知り合いかも』に表示されること」と「人を検索すること」は、特に関係していないようです。

「知り合いかも」でおすすめするのは次のような人たちです。
  • 共通の友達がいる人。おすすめに選ばれる最も一般的な理由です。
  • 同じFacebookグループに参加している人、または同じ写真にタグ付けされている人。
  • 同じネットワーク(学校、大学、職場など)に所属する人。
  • アップロードした連絡先に登録されている人。
-Facebook「ヘルプセンター」より引用

『知り合いかも』表示の元になる情報とは

「知り合いかも」に表示される基準として、Facebookのヘルプセンターには上記のような項目が挙げられています。

例えば、Facebookに「共通の友達」がいる人は、友達かも?と判断されやすくなるようです。
また、同じ学校や職場がプロフィールに設定されている人や、自分のスマートフォンに「メールアドレス」や「電話番号」が登録されている人も、「知り合いかも」に表示されやすくなります。

ただし、実際の明確な基準は非公開とされています。

Facebook独自の基準によって「知り合いかも」に表示されるかどうかが決まっているようです。
そのため、全く知らない人が「知り合いかも」に表示されることもあります。

自分の付けた足跡を確認・消去する方法

Facebookで誰かを何度も検索したとしても、相手にそのことがバレてしまう心配はありません。
ただし、自分のFacebook上で確認できる「アクティビティログ」を他人に見られてしまうことで、「誰を検索しているか」がバレる危険性はあります。

 アクティビティログとは?

アクティビティログとは、「過去の自分の投稿」「自分がつけた『いいね!』」「自分のコメント」など、Facebook上での自分の行動の記録のこと。

アクティビティログの検索履歴をそのまま残しておくと、誰かに見られたときに、自分が過去に誰を検索しているかバレてしまいます。
この心配を無くすために、アクティビティログの検索履歴を削除しておきましょう。

アクティビティログの検索履歴を削除する方法

①右下の三本線をタップする

Facebook,アクティビティログ      

②「その他」をタップする
Facebook,アクティビティログ,その他
③「アクティビティログ」をタップする
Facebook,アクティビティログ,その他
④「フィルター」をタップする
Facebook,アクティビティログ,フィルター
⑤「検索履歴」をタップする
Facebook
⑥「検索をクリア」をタップする
Facebook
⑦「確認」をタップする
Facebook

相手の「知り合いかも」に名前を出さないようにする方法

Facebookで誰かを検索することと、相手の「知り合いかも」に自分が表示されることは関係ないという説明をしました。

それでも、他人の「知り合いかも」に自分の名前を表示させたくないという方のために、「知り合いかも」に自分を表示させないための方法をご紹介します。

ただし、先述したとおり、「知り合いかも」に表示される基準は不明確です。
そのため、「知り合いかも」に表示される可能性を少しでも低くするための方法・なるべく他人に自分のアカウントを見られないようにする方法をご紹介します。

具体的な方法としては、「設定とプライバシー」で自分の情報公開範囲を限定すること必要があります。

連携(インポート)した連絡先を削除する

Facebookに自分の連絡先を連携している場合、連携された電話番号メールアドレスと結びついているユーザーの「知り合いかも」に、自分が表示されてしまう可能性があります。

また、Facebook上で繋がっている覚えがないのに、久しく会っていなかった同級生や友人から友達申請が来るのも、この「連絡先の連携」が原因かもしれません。

他人の「知り合いかも」に自分が表示されないように、「連絡先の連携」を解除しましょう。

連絡先の連携を解除する方法

①「設定とプライバシー」→「設定」を選択する
Facebook
②「メディアと連絡先」の「連絡先をアップロード」を選択する
Facebook ③「連絡先をアップロード」のスイッチをOFFにする
Facebook

自分の「電話番号」「メールアドレス」で検索されないように設定する

Facebookに登録した「電話番号」「メールアドレス」で検索されないように設定することが可能です。
すでに電話番号・メールアドレスを知られている人に、自分のFacebookアカウントを見られたくない方は、設定を変更しておきましょう。

電話番号・メールアドレスで検索されないように設定する方法

①「設定とプライバシー」→「設定」→「プライバシー設定」を選択する
Facebook ②「検索と連絡に関する設定」から「メールアドレスを使って私を検索できる人」・「電話番号を使って私を検索できる人」を選択する
Facebook③「全員」のチェックを外し、「友達」にチェックを入れる

Facebook

自分のタイムラインを限定した人のみに公開する

自分のタイムラインを閲覧できる人を「限定した人」のみにすることで、他人の目に自分のアカウントが表示される機会を減らすことができます。

タイムラインの公開範囲を限定する

①投稿画面より、「投稿公開範囲」のタブをタップする
Facebook ②「投稿を表示する相手」で「公開」のチェックを外し、投稿を閲覧できる人を限定する
Facebook

自分に友達リクエスト出来る人を限定する

自分に「友達リクエスト」することが可能な人を限定してみましょう。

「友達リクエスト」ができる人を限定する方法

①「設定とプライバシー」→「設定」→「プライバシー設定」を選択する
Facebook
②「検索と連絡に関する設定」の「自分に友達リクエストを送信できる人」をタップする
Facebook ③「私に友達リクエストを送信できる人」の「友達の友達」にチェックを入れる
Facebook

Google検索から自分のタイムラインに入れないようにする

Facebookを使っていない人でも、Googleなどの「検索エンジン」から特定のFacebookアカウントを検索することができます。

もし、知らない人に自分のFacebookアカウントを検索エンジンで調べられたくない方は、設定で拒否してしまいましょう。

検索エンジンで自分のアカウントを見られないようにする方法

①「設定とプライバシー」→「設定」→「プライバシー設定」を選択する
Facebook
②「検索と連絡に関する設定」の「Facebook外の検索エンジンによるプロフィールへのリンクを許可しますか?」をタップする
Facebook ③「Facebook外の検索エンジンによるプロフィールへのリンクを許可する」をOFFにする
Facebook

勝手に写真をタグ付けされないようにする

Facebookで勝手に「タグ付け」されることで、自分がFacebookアカウントを持っていることが他人に知られてしまうことがあります。
そのため、勝手にタグ付けされたくない方は、設定を変更しておく必要があります

ただし、タグ付け自体を禁止することはできないので、自分がタグ付けされた時に通知されるように設定を変更しておきましょう。

タグ付け設定の変更方法

①「設定」→「タイムラインとタグ付け」をタップする
Facebook
②「確認」の項目にある「タグ付けの確認」と「タグ付けされた投稿の確認」をそれぞれタップする
Facebook
③「タグの確認」と「タイムライン掲載の確認」をそれぞれONにする
FacebookFacebook
「タグの確認」をONにすると、友達ではない誰かが自分のことをタグ付けしたときに、タグの確認が求められるようになります。

「タイムライン掲載の確認」をONにすると、タグ付けされた投稿をタイムラインに表示するかしないかを選択することができるようになります。

気になる「知り合いかも」の名前を出さないようにする

もし、「知り合いかも」の欄に、「知らない人」「友達になりたくない人」が表示されていて気になってしまうという方は、アカウントの「削除する」をタップすることで、表示から消すことができます。

Facebook

 Facebookで友達をブロック/削除すると相手はどうなる?バレるの?

Facebookでよく検索してしまう!元恋人・同僚・同級生

Facebookでは、Facebook上で友達になっていない誰かのことを何度も検索しても、検索したことが相手にバレることはありません

そのため、「足跡機能も無いし、検索してもバレないなら、いろんな人を検索してみよう!」と考える方もいるのではないでしょうか。

検索してしまう度 第一位『元恋人(元カノ・元カレ)』

「Facebookで検索してしまう度」第一位が、元カノ元カレといった「元恋人」です。

実際に、自分の元恋人をFacebookで検索した経験がある方も多いのではないでしょうか?
確かに、たとえ今は付き合っていない相手でも、現在の状況が気になってしまいますよね。
もしかしたら、まだ元恋人に対して未練を持っているケースもありそうです。

Facebookで元恋人を検索する行動ですが、精神的にはあまり良くなさそうです

Twitterの口コミなどを見ても、Facebookで元恋人を検索したり、「知り合いかも」に元恋人が表示されることで、落ち込んでしまう人が多くいるようです。

また、「知り合いかも」に元恋人が表示されてつらいという方は、上記で説明した方法で表示されないようにしましょう。

検索してしまう度 第二位『仕事の同僚』

同じ職場の同僚を、ついFacebookで検索してしまう方も多いようです。
確かに、同じ職場の人がFacebookでどんな投稿をしているのか、気になる気持ちは分かりますよね。

ただし、同じ職場の上司や同僚から「友達申請」が来ることを迷惑に感じる方も多いようです。
やはり、FacebookのようなSNSを「私的なもの」と捉えているユーザーも多く、会社のコミュニティとは混合したくないと感じるようです。

あなたの検索が、相手にとっては迷惑に感じてしまうケースもあるので、十分注意しましょう。

検索してしまう度 第三位『同級生』

検索してしまう度第三位は、「同級生」です。

みなさんも、進学や就職を期に、成人式や同窓会などの機会が無いと会うことがなくなった「同級生」を、Facebookで検索したことがあるのではないでしょうか。

もしかしたら今後関わる機会が無かったかもしれない同級生たちと、Facebookを通して再び交流できたという口コミも多く見られました。

Facebookだから気を付けたい事

Facebookの検索機能を使えば、簡単に他人のアカウントを調べることができます。
また、検索エンジンでも、簡単にFacebookアカウントを見つけることが可能です。

つまり、自分のアカウントを誰に見られているか分からないということになります。

もしかしたら、あなたの同僚や元恋人も、あなたのアカウントを検索しているかもしれません。

誰に見られているか分からない状態で、私生活をさらけ出すのは、非常に危険です。
もし、自分のアカウントを勝手にみられるのが嫌な人は、当記事で紹介した方法を使って、公開設定を変更しておきましょう。

 【簡単】Facebookでブロックした相手を解除する方法とは?

まとめ

Facebookでアカウント検索していることを、相手にバレてしまうのかどうかについて、説明してきました。
たとえ誰かのことを何度も検索しても、相手にそのことが知られることはありません。

「知り合いかも」に表示される基準は、基本的に「共通の知り合いがいる人」や「同じ職場や学校に通っていた人」などがありました。

Facebookの検索・「知り合いかも」について、不安や疑問を抱いていた方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す