【APEX】エンジンエラーが表示されてプレイできない時の対処法

対処法⑥グラフィックボードの設定を調整する

APEXでは描画の負荷が大きいので、画面がスムーズに動くようにVSyncが考慮されています。

また、グラボ側でも、さまざまな垂直同期の機能が採用されています。AMDのVRR機能やNVIDIAのAdaptive VSyncなどがその例です。

これらの機能の不整合は、エンジンエラーの原因となり得ます。エンジンエラーが発生する場合は、グラボのVSyncに関する設定を変更して無効化してみましょう。

対処法⑦電源の設定を調整する

ゲーム中はCPUもGPUもフル稼働しています。PCの電源容量に余裕がない場合は、この状況では、CPUとGPUで電源の取り合いとなり、処理が不安定になる恐れがあります。

CPU負荷が高い場合でも、GPUの電力不足などを招きにくくするよう、電源の設定を調整してみましょう。

設定⇒電源オプション⇒電源の追加設定⇒プラン設定の変更⇒詳細な電源設定の変更⇒プロセッサの電源管理と選択し、最大プロセッサの状態を100%以外とします。

対処法⑧CPUクーラーを変える

APEX実行中はCPUが100%使用となる時間も多く、CPUはかなりの熱を持ちます。CPUクーラーの冷却能力が足りない場合は、CPUの熱暴走を招いたり、筐体内の温度上昇によりGPUも熱で動作が不安定になります。

CPUクーラーの冷却能力不足が考えられる場合は、CPUクーラーを大型のものに取り換えてみましょう。

【APEX】推奨/必要スペック

APEXを快適に遊ぶにはそれなりの性能を有するPCが必要です。以下で、推奨スペックおよび必要スペックを紹介します。

必要スペックはAPEXが動作する最低ラインを示すものなので、60fpsのフレームレートでンサメらかな動きで遊ぶには、推奨スペック以上の性能のPCを用意できるとよいでしょう。

推奨スペック

推奨スペックは以下のとおりです。

OSWindows 7 64ビット版
CPUIntel i5 3570Tおよび同等品
CPUのメモリ8GB
GPUNvidia GeForce GTX 970 / AMD Radeon R9 290
GPUのメモリ8GB
ストレージ22GB以上の空き容量

必要スペック

必要スペックは以下のとおりです。

OSWindows 7 64ビット版
CPUIntel Core i3-6300 3.8GHz / AMD FX-4350 4.2GHz
CPUのメモリ6GB
GPUNVIDIA GeForce GT 640 / Radeon HD 7730
GPUのメモリ1GB
ストレージ22GB以上の空き容量

【APEX】フリーズやクラッシュする時の対処法

APEXでは、エンジンエラー以外にもエラーが発生して、フリーズしたり、クラッシュしたりすることがあります。以下に対処法を示します。