Whoscallとは?危険性の高い電話を拒否してくれる神アプリ

1人1台以上スマホを持つような時代に迷惑電話がかかってくるだけでストレスになります。そんなストレスを軽減してくれるのが電話番号の識別や着信拒否を行えるアプリの「Whoscall」。この記事ではWhoscallの危険性や機能の紹介をします。

Whoscallの危険性

まずはWhoscallの危険性について紹介をしていきます。

各アプリストアのレビューで危険性の報告はない

Whoscallは危険なアプリではありません。App StoreやGoogle Play StoreなどのアプリストアでのレビューやSNSなどでも危険性があるアプリだという報告は見かけません。

一般的には、個人情報の流出の危険性やフィッシング詐欺などの危険性が疑われることが多いですが、個人情報へのアクセスをすることがあっても拒否することが可能です。

App Storeでは5年連続ベストアプリ受賞

Whoscallは危険性があるどころか、App Storeで5年連続ベストアプリ賞を受賞しているアプリです。こう言った観点からも非常に安全性の高いアプリだと言うことがわかります。また、雑誌やテレビなど様々なメディアに取り上げられ紹介されていて評判も上々です。

全世界で8,000万DLを達成している

Whoscallは全世界で8,000万DLを達成しているアプリです。危険性の高いアプリだとしたら、そこまでダウンロードされることはありません。

Whoscallの機能

では、Whoscallで使える機能を紹介していきます。Whoscallには迷惑電話や迷惑メールに対して様々なサービスを提供しています。

そもそもWhoscallとは?

Whoscallは大前提として迷惑電話対策サービスです。有料プランを契約すると迷惑な通話やSMSなどに対して様々な対策をすることができます。

ITに関してリテラシーの高いユーザーの場合は自分で対処することができますが、ITリテラシーが低く自分で対応するのは難しいと感じているユーザーには非常にありがたいサービスです。

機能①電話帳に登録していないくて誰からの電話か認識する