【iPhone】画像検索する方法3選!調べたい画像を簡単検索!

画像検索ができない原因2つめは「セーフサーチ」の影響で画像が検索できないのかもしれません。セーフサーチとは、性的表現や暴力表現などの不適切なサイトを非表示にする機能です。セーフサーチがオンになっていると一部のサイトが表示されなくなるので、設定からオフにしてもう一度検索してみてください。手順は以下の通りです。

1.Googleのトップページを開きます
2.画面左上にある「3つある横棒」をタップ
3.「設定」を選び「セーフサーチフィルタ」のボタンを「不適切な検索情報を表示する」にする
SafariもChromeも同じ手順で変更することができます。

【検索できない原因】③キャッシュが原因

画像検索できない原因3つめは「キャッシュ」です。キャッシュが溜まると端末の調子が悪くなることもあるのでキャッシュの削除をしましょう。方法はウェブブラウザによって異なります。SafariとChromeでのやり方を紹介します。

Safari
1.iPhoneのトップ画面から設定をタップします
2.Safariをタップして「履歴とwebサイトデータを削除」を選択
Chrome
1.Chromeアプリを開き、画面右下にある「・・・」をタップ
2.「履歴」をタップし「閲覧履歴データを削除」から消すことができます

【検索できない原因】④ブラウザの設定が原因

画像検索できない原因4つめは「ブラウザの設定」によるものかもしれません。「Javascript」が設定でオフになっていると画像が表示されなくなる場合があります。設定からJavaScriptをオンにしてみてください。やり方は以下の通りです。

Safari
1.iPhoneのトップ画面から設定を開きます
2.Safariをタップして一番下にある「詳細」をタップし、JavaScriptの項目から変更可能。
ChromeアプリはデフォルトでJavaScriptはオンになっているので変更をしなくても大丈夫です。

iPhone画像検索する時の注意点

画像検索をする際の注意点が3つあります。
・ネット上にある画像しか検索できない
・無断で画像を使用してはいけない
・画像情報の悪用
これら3つの注意点を意識して安全に画像検索を利用しましょう。

【注意点】①ネット上にある画像しか検索できない

1つめは「インターネット上にある画像しか検索できない」。画像検索とはインターネット上に存在する画像を検索するものです。そもそも画像が一枚もネット上になければ検索しても情報が見つかりません。

【注意点】②無断で画像を使用してはいけない

2つめは「無断で画像を使用してはいけない」ことです。他の人がインターネット上にアップロードした画像を勝手にダウンロードして使用することは著作権侵害になりますので無断使用はやめましょう。

【注意点】③画像情報の悪用

最後3つめは「画像情報の悪用」の危険性があることです。ネット上で自分がアップロードした画像を他人に使用されるリスクがあります。知らない人が自分の顔写真を使っていたら怖いですよね。ネット上に画像をアップロードするときはそういう危険もあることを覚えておきましょう。

まとめ

関連する記事