『kindle』で自炊するって何?kindle自炊する方法を紹介!

kindle化することで本の補完スペースに困らないということも大きなメリットの1つです。一冊の本を収納するより、タブレットに何冊もの本のデータを収納することはスペースに困るという自体を引き起こさずにすみますし、何より本を保管するはずだった場所のスペースが空いて、部屋をすっきりと綺麗に保つことができるので、kindle化をして何冊もの本のデータを1台のタブレットにまとめて部屋をすっきりさせましょう。

⑤見られたくない本を隠しながら読める

本の種類によっては、人前で読むのは少し憚れるということがあります。しかし、kindle化をすることによって、タイトルなどが書かれたカバーを他人に見せる形になってしまうという事態が減るのでおすすめです。

⑥電子書籍として購入するより安い場合もある

電子書籍を購入するより、自分が持っている本をkindle化する方が安く済ませることができるという経済的なメリットもありますので、新しい本を電子書籍で購入するのはと考えている人はぜひやってみてください。

⑦Kindleで取り扱っていない本も読める

kindleでは本を購入することもできますが、自分の本棚の中にはあるのにKindleにはないという書籍がありませんか?そんな時も自炊をすると、kindleにはない本をkindleで読むことができます。

Kindleで自炊するデメリット

便利なことが多い自炊ですが実はkindleで自炊をすることで生じるデメリットもあります。どのようなデメリットがあるのかを解説していきますので、自炊をすることのメリットやデメリットを参考にしてください。

①手間暇がかかる

1番のデメリットは、手間隙がかかるということです。本を裁断したりデータを変換したりとやることがたくさんあるので、自分でやろうとしたら時間がかかるし、何より手間もかかるという大きなデメリットがあります。

②必要な道具が多い

本をkindle化するにはソフトが必要だったりスキャナーが必須だったり、何より裁断するための道具が必要と準備にも時間がかかってしまいますし、お金もかかってしまうのがデメリットです。

③せっかくの本を裁断する必要がある