メッセージアプリWhatsAppの使い方やLINEとの違いを紹介

WhatAppというメッセージアプリを利用したことはありますか。ここではWhatAppというメッセージアプリの使い方から皆さんが良く利用しているLINEアプリとの違いについて紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

WhatsAppの使い方

WhatAppというメッセージアプリを聞いたいことはありますか。スマートフォンを利用している人であれば色んなメッセージアプリを活用している人が多くいるかもしれませんが、ここでは改めてWhatAppというメッセージアプリを利用するとどのようなこととができるのかや使い方について紹介していきます。

WhatsAppに友達を招待する

WhatAppのメッセージアプリの使い方としては、まずWhatAppから友達を招待して友達もWhatAppのアプリをスマートフォンにインストールしてもらう必要があります。WhatAppを活用してメッセージのやり取りをするためにはWhatAppアプリ同士でないとメッセージのやり取りをすることができないので、注意してください。

メッセージを送る方法

またWhatAppの使い方としてメッセージの送信方法は、画面下部にあるチャットという画面からメッセージを送ることができます。画面下部のチャットをクリックするとチャット画面が表示されるので、そこから新規or既存のチャットグループにアクセスしましょう。画面の下部にあるテキストフィールドにメッセージを入力して、送信を押下すればメッセージ送信は完了です。

通話をする方法

またWhatAppの使い方として通話を利用する方法としては、WhatAppのアプリを起動してCallというタブを押下しましょう。その画面から通話をしたい相手をタップすると、WhatAppから通話を開始することができます。しかしWhatAppのアプリであれば通話をすることができますが、ブラウザ版ではWhatAppから通話をすることできないので注意してください。

 

WhatsAppのLINEとの違い

WhatAppの簡単な使い方についてしょうかいしてきましたが、わかって頂けましたでしょうか。それではここからは日本で一番多く利用されているLINEアプリとの違いについて比較してみましょう。LINEの機能とWhatAppとの機能ではどのような違いがあるのでしょうか。ここではLINEとの違いをチェックしながら確認してみてください。

最終接続時刻が表示される

まずWhatAppとLINEの違いとしては、WhatAppの場合は最終接続時間が表示されるようになっています。なのでWhatAppのアプリを起動してからどのぐらい時間が経っているかがWhatAppの友達からバレてしまうようになっています。この機能は便利である一方でトラブルやちょっとしたすれ違いになる場合もあります。

公開しない設定が可能

WhatAppのアプリを最終接続時刻が表示されることはビジネス上は便利になることもありますが、メッセージを送った後にWhatAppのアプリを起動していたこが相手に知られてしまうので場合によってはトラブルになりこともあります。そのため最終接続時刻を非公開にする設定もあるので、もし不安な人は非公開設定にしておくことをおすすめします。

オンライン状況が表示される