『kindle』で自炊するって何?kindle自炊する方法を紹介!

chainlpではない他のソフトでもmobiファイルの管理をすることができます。それがCalibraというフリーソフトです。Calibraではkindleにしたい本のデータをmobi形式に変換してファイルを管理することができるのでとても便利なフリーソフトです。ぜひCalibraを使ってmobi形式の本のデータを管理してみてください。まずはパソコンと本を読む用のタブレット、USBを用意してください。

本のデータを移す

USBケーブルで、パソコンと本を読む用のタブレットを繋いでください。そしてchainlpで出力したmobiデータを表示させましょう。そのデータをCalibraにドラッグアンドドロップしてください。するとCalibraに、本のmobiデータが移るので、そのファイルを本を読む用のタブレットに移してください。そうすることで、タブレットに本のデータがいき、kindle化させることができるようになるのです。

PDF化したファイルを直接取り込む方法

Calibraなどを使ってパソコンを経由したり、ファイルを変換したりするのは面倒くさいと考えている人は多いのではないでしょうか。そんなときは、kindleに直接pdfファイルを直接取り込むことが可能なのです。pdfファイルを直接取り込むことで、手軽にKindleで自分の持っている本を何冊も読むことができるので、ぜひやってみてください。やり方を説明していきますので、興味がある人は実践してみましょう。

kindleのフォルダに移す

kindleに直接pdfを取りこむならkindleに付属されているUSBケーブルを用意してタブレットとパソコンを接続しましょう。するとコンピュータにkindleという項目が表示されますので、取り込んだ本のpdfファイルをkindleのフォルダのドキュメントというファイルの中にドラッグアンドドロップして保存してください。これで自炊したkindle化した本をタブレットで読むことができるようになります。

Kindleの自炊が手間なら?代行サービスも

自分でkindle化して自炊するのは、時間がないからできないし、面倒だからしたくないと考えている人は多いのではないでしょうか。実はそんな面倒なkindle化作業を代行してくれる画期的なサービスも存在するのです。kindle化したいけど仕事などでなかなか時間が取れない、でも時間が空いたときにkindleでサクッと自分の好きな本を読めるようにしたいと考えてる人は、kindle化代行を頼んでみましょう。

安くやってくれるサービス紹介

ok,安全

kindle化代行サービスは、スキャンピーというところに頼めば、確実に早く安くやってくれます。なんとスキャンピーは、一冊の本をkindle化するのに80円しかかからないのです。様々なオプションをつけても500円以下です。例えば、文字を美しくしてくれる処理もやってほしいと頼んでも、合計で260円ほどしかしないので、忙しくて自分が持っている本をkindle化できない、という人はぜひ頼んでみてください。

Kindleで自炊するメリット

自分が持っている本を、何冊もタブレットで持ち運べる、kindleの自炊ですが、他にどのようなメリットがあるのでしょうか。本は紙で読むのが1番、電子書籍化するのは面倒くさいし、何より難しそうだと考えている人は、kindleで自炊するメリットをいくつか紹介していきますので、kindleで自炊することで何かメリットが得られるのかと考えている人は、ぜひ参考にして、ぜひkindleで自炊をしてみてください。

①持ち運ぶのに軽い、かさばらない

kindle 本

まずkindleで自炊するのには、何が1番メリットなのかというと持ち運びするのに困らないということです。特に読書家の人は、読みたい本がたくさんありますがそれを外出するたびに持ち歩くのは、かさばるし荷物が重くなってしまいますし、何よりスマートではありません。しかしkindleで自炊をすると、分厚い本でもタブレット1台にすっきりそのデータが収まりますし、何よりかさばることがないのでとてもおすすめです。

②好きなときに好きな場所で読める

kindleで自炊するメリットの中で最もポイントが高いのは、好きなときに好きな場所で読めるということです。例えば会社などの休憩中、本が読みたいけどその本は家にある、仕方ないから帰宅してから読むという経験をした人はいませんか?本をkindle化すると、会社の休憩という短い時間でも、サクッと本を読み進めることができるのでとても便利です。タブレットなら嵩張らないですし、あまり重さもないのでおすすめです。

③暗い場所でも読める

本をkindle化することで得られるメリットの3つ目は、暗い場所でも読むことができるというものです。例えば夜、眠れないときに本が読みたい、しかし暗い中読めないし、消した電気をいちいちつけるのも面倒ということがありますが、kindle化した本は、タブレットの明るさで明るく本を読むことが可能になります。しかし暗い中でタブレットを長時間いじると寝不足や目が疲れてしまう原因となりますので、注意しましょう。

④本の保管スペースに困らない