【LINE】ブロックして削除した相手を復元し再登録する方法は!?

LINEでブロック削除する方法・バレずに再登録(復活)する方法のまとめ。ブロックされているか確認する裏ワザも。「ブロックした相手からメッセージがくる・ブロック削除したのにlineがくる」原因や、相手の友達リストから消える方法も解説。

 

 この記事と一緒によく読まれる記事 

▶︎LINEでブロックした友達を解除後に追加した場合相手に通知はいく?

LINEの友達を削除する方法

どれもジャマになるトークを見えないようにするということには変わりないですが、やはり細かな違いは存在します。

実際にどのように使い分けができるのか、その性質や用途をご説明します。

非表示 – 見た目を整理してスッキリ!

非表示とは、簡単にいうと自分から見たトークや友達リストをスッキリ整理したい時に使う機能。具体的にはこんな時に便利↓

  • 頻繁にやり取りしているトークだけを表示させておきたい。
  • 普段やりとりしない人は友達リストに表示されないようにしておきたい。
  • 過去のトークで見返さないものを整理したい。

ネガティブな要素は全くなく、相手 / 自分の双方のやり取りにはなんの影響もありません。相手から新しいメッセージが来た場合にも通常通り表示されます。過去のトーク内容もそのまま保存されています。

«非表示にする手順»

  1. トーク %e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-09-11-31-44-2 または友達%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-09-11-31-44-3アイコンをタップ。
  2. 非表示にしておきたいトーク・友達を左へスワイプ。
    %e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-15-21-09-51 %e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-15-21-27-40
  3. 非表示をタップして完了。

«非表示にした人の確認方法»

友達リストで非表示にした人を確認したい場合は、%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-09-11-31-44>%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-09-11-35-46>%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-14-22-25-35から非表示リストの一覧を見ることができます。再び表示させたい場合もこのリストの編集 > 再表示をタップすればOK。

注意点

非表示にした際に、注意点として下記の2点がございます。

  • タイムラインに相手の投稿が表示されなくなる
  • 「メッセージ受信拒否設定」がオンだと、メッセージを受信しなくなる

上記の中でも、特に、「メッセージ受信拒否設定」には注意が必要でしょう。

実行してもメッセージは受信ができるというメリットがあるのが非表示という操作です。

そのため、万が一削除したとしても、「メッセージ受信拒否設定」がオフになってさえいれば相手からメッセージを送信してきたときに追加できるというチャンスが訪れます。

非表示の操作をするのであれば必ず「メッセージ受信拒否設定」がオフになっていることを確認するようにしてください。

ブロック – 相手と距離を置きたい時にぴったり!

ブロックは相手からのメッセージや無料電話をシャットアウトするときに使える機能。バリア状態になるという感じですね。ただし相手からはバリアは見えませんので、ブロックを悟られることはありません。また、ブロックを解除したくなったらいつでも解除できます。

«ブロックする方法 – その①トークからブロックする»

  1. ブロックしたい相手のトークを開く。
  2. 右上%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-09-18-21-34をタップ。
  3. ブロック%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-14-22-22-11をタップして完了。

«ブロックする方法 – その②友達リストからブロックする»

  1. ホーム画面%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-09-11-31-44-3から友達リストを表示する。
  2. 削除したい人を左にスワイプし、ブロックをタップし完了。

ブロックした人を確認するには

友達リストで非表示にした人を確認したい場合は、%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-09-11-31-44>%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-09-11-35-46>%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-14-22-25-35からブロックリストの一覧を見ることができます。再び表示させたい場合もこのリストの編集からブロック解除をタップすればOK。

注意点

ブロックした際に、注意点として下記の2点がございます。

  • 相手のタイムラインに自分の投稿が表示されなくなる
  • アルバムは残るけど、アクセスできなくなることがある

なお、ブロックするときは相手を選ぶときに慎重になるべきかもしれません。

特に、タイムラインに色々投稿していた人は気を付けましょう。

急にタイムラインへの投稿がなくなったことから、相手が心配してメッセージを送った結果、ブロックされていることに気づいてしまうというパターンがあります

そのため、最初にタイムラインの公開設定を確認したほうがよいでしょう!

タイムラインの設定に関してはこちら

削除 – トーク履歴削除時に / 友達をやめるときに

削除ボタンは色々なタイミングで表示されますが、大きくわけて3つの削除があります。それがこちら。

  1. トークの削除:トークリストで左にスワイプすると、非表示 / 削除の二種類が表示されますが、ここでの削除はトークルームの削除を意味します。この場合にはトーク履歴も削除されますが、それ以外の効力はありません。
  2. 非表示リストからの削除:非表示リスト(%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-09-11-31-44>%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-09-11-35-46>%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-14-22-25-35)から編集 > 削除をした場合はリストから相手の名前が削除され、非表示の設定がONになったままになります。相手からのメッセージは通常通り受信します。(トーク画面上の〝追加〟をタップすると表示の状態に戻すことができます)
  3. ブロックリストからの削除:ブロックリスト(%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-09-11-31-44>%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-09-11-35-46>%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-14-22-25-35)から編集 > 削除をした場合はリストから相手の名前が削除され、ブロックの設定がONになったままになります。相手からのコンタクトはすべてシャットアウトする状態が続くことになります。(ブロック解除はトーク画面などから行います※後述)

ラインの友達をブロックしてから削除するとどうなる?

友達を削除した場合

ブロック > 削除を行うと、ブロックリストからは削除されますがブロック状態は持続します。ブロック機能は相手からのコンタクトをシャットアウトする機能+自分の情報を開示しなくする機能があわさったものですが、相手にはそれを悟らせないシステムになっています。(ブロックしたことがバレバレだったらトラブルが頻発しますから当然ですね。笑)

ブロックした側では・・・

  • 相手からのメッセージ / 通話を一切受け付けない。
  • 自分のタイムラインを相手に見せない。
  • 自分のIDを検索結果に表示させない。
  • 相手のタイムライン投稿を一掃(非表示に)する。
  • 友達リストから相手を削除。
  • LINEゲーム(ランキングなど)から相手を削除。

※ちなみに、唯一ブロック後でも普通にやりとりを行う手段としてはグループトークがあります。

自分が削除された場合

関連する記事

コメントを残す