PNGのインターレースとは?動画でもプログレッシブとの違いも解説

インターレースは、画像を間引きしながらまず全体を表示して、そのあとで表示精度を高めるという画像の表示方式です。PNG画像の編集で選択可能となっています。今回は、インターレースのメリット・デメリットやプログレッシブとの違いなどをわかりやすく解説します。

PNGでのインターレース

P動画においては、画像のことをフレームと呼びます。PNG画像においては、インターレースモードの場合は、1フレームの行を一行おきに間引いたフィールドというものを2つ作って保存します。インターレースモードでない場合は、フレームを単位に保存します。

インターレースモードでは、1フレームのデータから2つのフィールドデータを作成しますので、PNGファイルサイズはノンインターレースの場合に比べて大きくなります。

静止画をインターレスでPNG形式として保存した場合、それを読みだした場合は、PNG画像全体を表示するが優先され、ぼやっとした粗い画像全体を表示します。そして、少しずつ画像が鮮明になります。

PNGのインタレースの必要性

コンピュータ技術が進歩していない時代には、画像は処理負荷が高く、PNG画像を表示するにはかなりの時間を要しました。そこで、粗くてもよいので全体をなるべく早く表示させたいというニーズが高く、間引きながら表示するインターレース方式がもてはやされました。

技術が進歩し、WEBで扱うPNG画像の表示の遅さがあまり気にならない現在では、PNG画像について品質より表示速度を優先するインターレースは、ニーズが低くなりつつあります。よほど巨大なPNG画像でない限りはノンインターレースで処理して問題ないでしょう。

PNGのインタレースのメリット/デメリット

ここでは、PNG画像においてインターレースを採用することのメリットおよびデメリットをわかりやすく説明します。

メリット

PNG画像をインターレースで保存するメリットは、ファイルを表示する際に全体をすばやく確認できることです。

インターレースでは、1フレームの走査線を2つのフィールドに分割して保存します。そのため、画面の更新時間がノンインターレースの半分となり、PNG動画などを再生したときに動きが滑らかに見えます。

さらに、動きの速い画像でもカクカク感を感じずにすむでしょう。

デメリット

インターレースの最も大きなデメリットは、動画を一時停止した場合に画像がぶれることがある点です。インターレースは2つのフィールドを表示し終わることで1つの画像の表示が完了します。

しかし、例えば、2つ目のフィールドの表示前に一時停止した場合は、画像が中途半端な状態となっており、ぶれて見えることになります。

PNGのカラータイプ

PNGフォーマットは、JPEGやGIFに比べて、扱えるカラータイプが豊富であることが特徴です。濃淡画像はもちろん、カラー画像も256色のインデックスカラー、24ビットカラーのフルカラー、48ビットカラーのトゥルーカラーが扱えます。

そして、PNGで最も便利なのが、半透明色を使えることです。JPEGやGIFでは半透明は扱えません。

PNGがインターレスか確認する方法

PNG画像がインターレース方式を採用しているかを確認するには、PNG画像の基本情報をチェックしてくれる無料サイトを利用するのがもっとも簡単です。

例えば、CMAN 画像のexif・メタデータ等の情報確認/削除などを利用すると良いでしょう。このサイトでは、確認したいPNG画像を指定のエリアにドラッグするだけで基本情報としてインターレースの有無を表示してくれます。

関連する記事