AppleMusicでファミリー共有できないときの対処法5つ!デメリットも

ファミリー共有に対応しているシステム条件

システム条件もファミリー共有に関係します。家族が共有しているアイテムにアクセスするためには、iOS8以降を搭載したiPhone、iPad、iPod touch、あるいは、OS X Yoshimite以降を搭載したMacが必要となります。これより古いデバイスを持っていないか確認してください。

Applemusicでファミリー共有ができないときの対処法|最終手段

これらの対処法をしてもどうしてもダメな時の最終手段としての対処法は、電話サポートへの相談です。Appleの公式ホームページからAppleのサポートを利用することができます。そこから相談すると無料で電話サポートを受けることができ、親切でわかりやすく対応してくれます。時間はかかりますが、的確なアドバイスをもらえるのでどうしてもファミリー共有ができなくて困っている、という場合には利用するのもいいでしょう。

Applemusicでファミリー共有を設定する方法

ここまではAppleMusicでファミリー共有ができない時の対処法をご紹介しました。ここからは、AppleMusicでファミリー共有を設定する方法をご紹介します。ファミリー共有でのファミリー共有の設定はそこまで難しいことではありません。大まかな流れとしては、ファミリー共有のグループを作成する→ファミリーメンバーに登録招待メールを送信する→ファミリー共有のグループに登録する→プレイリストを公開する、という流れです。それでは各項目を詳しくみてみます。

ファミリー共有のグループを作成

ファミリー共有のグループを作成するには家族の中の成人1名が管理者となって自分のiPhone、iPad、iPod touch、 Macからグループのファミリー共有を設定できます。購入アイテムの共有を有効にする場合は、管理者が自分で参加を依頼した家族が購入したものの代金を支払うことに同意する必要があります。

ファミリーメンバーに登録招待メールの送信

家族が既にAppleIDを持っている場合には、ファミリー共有グループにすぐに追加することができます。一度に所属できるグループは一つのみです。方法は、「設定」>「(ユーザ名)」>「ファミリー共有」の順に選択していきます。「メンバーの追加」から家族の名前またはメールアドレスを入力して、画面に表示される案内に沿って手続きをします。メッセージアプリで登録案内を送信します。あるいは直接IDとパスワードを入力してもらう方法もあります。

ファミリー共有のグループに登録

ファミリー共有の登録案内が届いたら、登録するかしないかを選択することができます。登録案内はメール、またはテキストメッセージで届くはずです。参加を承諾するには画面の指示に従ってください。当然ですが、ファミリー共有機能を使うには、登録をする必要があります。

プレイリストの公開

自分が作ったプレイリストを第三者に対して公開するという方法の「公開」もあります。プレイリストの公開を行うとAppleMusicないの「検索」の結果として表示もされます。方法は、AppleMusicでプレイリストを作ったらプレイリストを開き…を選択します。画面下に表示されるそのプレイリストに対して行える選択肢から「共有」をタップすると共有が行えます。