iPadの充電器おすすめ12選

iPadは映画や音楽などのコンテンツだけでなく、メモやクリエイターツールとしても活用できます。
映像コンテンツがiPhoneよりも大きな画面で見れたりiPad一台で様々なものが制作できるのは魅力的ですが、
そうした用途で使っていると知らぬ間に電池不足で使えなくなってしまった・・・なんてこともあります。
使いたいときに自由に使うことができないと、タブレットの利便性を大きく損ねてしまいます。
iPhoneの充電に特化したような放電容量では、iPadの充電では心もとない場合もあります。
そうしたことも踏まえて今回は、iPadの充電器について解説していきます!

iPhoneの充電器とiPadの充電器の違い

iPadの充電器を解説していくに当たって、まずはiPhoneの充電器とiPadの充電器の違いについて考えていく必要があります。この違いが何なのかというと、ずばり供給できる電力の違いです。
充電器によって電力供給は大きく異なり、この電力供給が高ければ高いほど急速に充電ができるようになります。
この電力とは単位W(ワット)で表されるもので、
電力=電圧(V ボルト)×電流(A アンペア)
の式が成り立ちます。つまりiPadの充電器を選ぶ時にはW数(ワット数)が高いものかA値(アンペア値)が高いものを選ぶことが重要になります。
iPadの充電器を選ぶ際には、なるべくこの電流値の高いものを選ぶようにしてみて下さい。

iPadの充電器でiPhoneを充電しても大丈夫?

結論、iPadの充電器でiPhoneを充電しても何も問題ありません。
電流が大量に流れるから危ないかというとそういう訳ではなく、むしろiPhone用の充電器で充電するよりも急速に充電できるようになるので、メリットが大きくなります。
iPad用の充電器でiPhoneを更に高速充電することができるので、iPhoneだけを充電したいという方にも、今回のiPad用充電器はおすすめの製品になります。
iPhoneだけ持っていて高速充電器が欲しいという方も是非ご検討されてみて下さい!

iPad充電器の選び方

iPadの充電器の選び方について詳しく解説していきます。

USB PDがおすすめ規格

USB PDのPDとはPower Delivery(パワーデリバリー)の略で、従来よりも更に高いW数(ワット数)での電力供給を可能にした最新の給電規格です。このUSB PDの電力供給は従来のUSB規格での約20倍を誇り、より迅速に充電を完了することができる規格として開発されました。
この規格に対応しているiPadは、

  • iPad mini(第5世代)
  • iPad Air(第3世代)
  • iPad Pro 10.5
  • iPad Pro 11
  • iPad Pro 12.9(第2/3世代)

と幅広く、iPhoneに関してはiPhone8以降のモデルが対応しています。
このUSB PDには、USB PDに対応した電源アダプタ・充電ケーブルが最低限必要になってきます。USB PDを利用する際には必ずこちらの2つを用意するのを忘れないようにしてください!

1ポートあたり2A以上に対応した充電器を選ぶ

iPadの充電を行う際には、1ポートにつき2A以上の電流を流すことができる充電器を選ぶようにしましょう。
2Aを下回ってしまうと、iPadを充電するのに安定した電力を供給することができない場合があります。iPadがiPhoneよりも性能を上回る機種になってきたからこそ、従来のiPhone用の充電器では十分に電力を供給することができなくなってきているのも事実です。
そうした事態に陥らないためにも、複数の充電ポートが備えられているアダプタでも1ポートあたり2A以上が供給されている製品かどうかは必ず確認するようにして下さい!

Appleが認めたMFi認証ケーブルを選ぶこと

iPadの充電器を選んでいくに当たっては、AppleがMFi認証済みのケーブルを使用することも大切です。
MFi認証とは、Apple社が、他社アクセサリに対iPod/iPad/iPhoneとの互換性を保証することを示したものです。
Appleお墨付きのものであれば安心して使用できますし、ケーブルの断線や充電速度が遅いなどの問題も気にしなくて良くなります。
今や100円ショップなどでも安価でケーブルが買えてしまう時代ですが、そうしたものは安価な分性能も安定しておらず、買い替えのたびにお金がかかります。その上端末を痛めてしまう可能性も0ではないので、初期費用はかかりますがケーブルは純正品かMFi認証されているものを選びましょう。

iPad充電器のおすすめ|純正

Apple 18W USB-C電源アダプタ

apple 18w USB-C 電源アダプタ
こちらは、最新機種のiPad Proに同梱しているiPadシリーズの中で最もW数の高い充電器です。
iPad Proになる前の従来のiPadでは12Wの充電器が同梱していました。こちらの製品はそちらと比べても6Wも電力供給が上回っているので、充電効率がより改善されることはお分かりいただけると思います。
今回ご紹介する純正品の充電器の中では価格設定も一番お安く、手頃な価格で充電効率の改善が計れている製品です!
お手軽な価格で失敗したくない方におすすめです!

Apple 30W USB‑C電源アダプタ

apple 30w USB-C 電源アダプタ
こちらは、全iPadに対応しているApple純正品のUSB-C電源アダプタでの中で最も高性能な充電器です。
この電源アダプタを使用して同じく純正品のUSB-CのLightningケーブルを用いれば、対応している機種で高速充電が可能になります。
iPadをストアで購入すれば充電器が付属しますが、こちらはiPadではなくMacBook Airに同梱している充電器のためiPadでの使用において十分な性能を発揮できる製品になります。前にご紹介した18Wの充電器よりも格段に高いW数を誇りますので、少し金銭的に
余裕のある方やiPadに付属している充電器よりも1段階上の純正品を使用したいという方におすすめの製品です!

Apple 96W USB-C電源アダプタ

apple 96w USB-C 電源アダプタ
こちらは、iPad Proのみに対応している最もW数の高い充電器です。
こちらの製品はどの製品にも付属しない電源アダプタで、基本的に別途で購入する必要がある充電器です。
iPad Proは性能が優れているということもあってフルに活用されている方も多いと思います。
すぐに端末を使える状態にしておきたいという方にとって、こちらの高速充電器は魅力的な商品です。現在Appleが販売している中でも最も速い高速充電を実現する製品になりますので、iPadを常にフル充電の状態に保ちたいという方は是非購入を検討されてみて下さい!

iPad充電器のおすすめ|サードパーティ

ここから、サードパーティ製の充電器をご紹介していきます

【Anker】PowerPort Atom PD 1

Anker PowerPort Atom PD 1 充電器
こちらは、Anker製の充電器です。
サイズが非常にコンパクトで、この大きさで30Wの給電力を誇るので持ち運びする時に出先のコンセントに挿して充電することができます。どんな機器であっても、軽量であるに越したことはありません。
30Wも供給できればiPad Proの最新機種であっても急速充電が十分に可能です。最近はカフェなどにも充電スペースが備え付けられているところもあるので、iPadを持ち運び、外での使用が多い方におすすめの製品です!

【Anker】PowerPort 6

Anker PowerPort6 充電器
こちらも、同じくAnker製の充電器です。
電源ポートがなんと6つもあり、iPadだけでなく他の機器も充電することができる充電器です。
1つのポートにつき2.4A供給をしてくれるので、供給が足りずに充電が満足にできないという心配もなくお使いいただけます。合計60Wもの電力を供給してくれるので、複数のiPadを同時に充電できるほどの電力供給を誇ります。
こちらはUSB PDには対応していませんが、それを差し引いても各ポート10W以上もの電力供給ができるというメリットは大きいです。
iPadだけでなく電子機器全てを高電力で充電できるものが欲しいという方におすすめの製品です!

【RAVPower】RP-PB125

RAVPower RP-PB125 充電器
こちらは、RAVPower製の充電器です。
この充電器の最大の特徴は、充電器をそのままモバイルバッテリーとしても使用できるという点です。
各ポートにつき最大12Wの電力供給ができるため、iPadの充電にも十分に使用できます。
6700mAhの内蔵バッテリーが搭載されていて接続している機器の充電が完了すると内蔵バッテリーへの充電に自動的に切り替えてくれるので、こちらが操作しなくても内蔵バッテリーに電力が供給されていくので手間がなく便利です。
重さも195gと軽量なので、持ち運びの際にも不便を感じることなくお使いいただけます。高性能な充電器とモバイルバッテリーどちらも欲しいという方におすすめです!

【RAVPower】RP-PC112

RAVPower RP-PC112 充電器
こちらは、コンパクトで高出力な充電器です。
サイズ感は49×49×32㎜と小さいですが、最大61Wもの電力を供給することができます。
端子がUSB PD仕様なので、対応する充電ケーブルを用いれば最速クラスで高速充電ができます。
出先や旅行などにも持っていきやすいサイズなので持ち運びにもおすすめです。
コンパクトなサイズ感をとると性能に目をつむらなければならないですが、こちらの製品にはサイズと性能を比較しても文句の付け所がありません。
コンパクトさを追求したい方、性能を追求したい方どちらの要望にもお応えできるおすすめの製品です!

SENDOWTEK USB充電スタンド

SENDOWTEK USB充電スタンド
こちらは、複数の機器を充電することを前提に設計された充電スタンドです。
最大の特徴は、iPadだけでなくiPhone・Apple Watch・AirPodsと、Apple製品全てを同時に充電できる構造で作られています。
内蔵しているスマートICによって、接続した機器が何か自動的に判別して電圧を最適な状態へと調節してくれる仕様のため、どの機器でも最適な効率で充電することができてしまいます。
5つのUSBポートが搭載されているため、5つまで機器を充電することができて1つのUSBポートにつき最大2.4Aを供給してくれるので電力を十分に供給できるという意味でもおすすめできる製品です。
充電器を探しているけどどうせなら持っている電子機器全てを充電できる機器が欲しいという方は是非こうした充電スタンドタイプの製品もご検討されてみて下さい!

【Anker】PowerDrive 2

Anker PowerDrive 2 充電器
こちらは、車で使用することができる充電器です。
車載のソケットに直接接続できるタイプのカーチャージャーなので、ドライブ中に急に電池がなくなってしまったなどの状態に陥らないためにも、こうしたカーチャージャー型の充電器は必須で車の中に置いておくと困ることが少なくなります。
USB-Aポートが2つ備え付けられていて各ポートから最大2.4Aほどの電力供給がされる製品なので、iPadを十分に充電することができます。ドライブ先で音楽を聴いたりカーナビを操作する方には必須の製品です!

【Anker】PowerDrive Speed+

Anker PowerDrive Speed+ 充電器
こちらは、USB PDに対応しているカーチャージャーです。
車内においてもiPadをフルスピード充電ができるというメリットは大きいです。
例えば道に迷ったとき、カーナビとして使用していたiPadの電池がなくなってしまったというような場合においても、USB PDであれば十分な充電量を確保することができます。
それぞれUSB PD対応のUSB-Cポートには最大30W、USB-Aポートには最大18Wの電力を供給することができるため充電効率も十分です。車の中に簡単に保管することができるためおすすめの製品です!

【Anker】PowerCore 10000 PD

Anker PowerCore 10000 PD 充電器
こちらは、Anker製のUSB PD対応のモバイルバッテリーです。
10000mAhを供給できるため、モバイルバッテリーながらも最新機種のiPad Proを約1回フル充電できる性能を誇っています。電力は最大18WなのでiPadを高速で充電できるパワーではありませんが、USB PDに対応しているのでそれを差し引いても十分な充電スピードでの給電を可能にしてくれます。
加えて約192gほどのモバイルバッテリーですので、持ち運びも楽々できます。
モバイルバッテリーでコンパクトなものを探しているという方におすすめの製品です!

【Anker】PowerCore+ 26800 PD

Anker PowerCore+ 26800 PD 充電器
こちらも、Anker製のモバイルバッテリーです。
こちらは26800mAhの大容量を誇り、この容量であればiPad Pro11であれば2回弱、iPhoneの最新クラス機種であってもなんと7回のフル充電が可能なモバイルバッテリーになります。
モバイルバッテリーとしては最高クラスの大容量で、持ち運びもできてしまう優れた製品です。
ポートはUSB-Aポートが2つとUSB-Cポートが1つの計3ポート搭載されており、それぞれUSB-Aポートは各ポートにつき最大3A、USB-Cポートには最大30Wの電力が供給されるため、モバイルバッテリーとは思えないような高出力で電子機器を充電することができてしまいます。
本体を購入するとUSB-Cケーブルが付属でついてくるので、こちらを購入すれば別途ケーブルを購入しなくて良いのも本製品の大きなメリットです。
1番高性能なモバイルバッテリーが欲しいという方におすすめの製品です!