iPhone画面割れ修理値段はいくら?ソフトバンク/au/ドコモ

非正規修理店のメリット・デメリットは、以下のようなものが挙げられます。

メリット:修理代金が安い&修理時間が早い

非正規の修理店は、修理代金が比較的安く設定されていて、修理時間も正規の修理店より早いというメリットがあります。

また、非正規の修理店を利用する場合、 iPhone の初期化作業が無いケースが多いため、バックアップ作業が必要ありません

デメリット:Appleの世紀パーツを使えない

非正規修理店のデメリットには、「Appleの正規パーツ」を使えないという点が挙げられます。

Apple認可の修理店では、当然のことながら「純正ガラス」を使用して修理を行います。

しかし、非正規の修理店では、「純正に近いサードパーティ製ガラス」を使用して修理を行います。

一度「サードパティ製ガラス」を使用して修理をした場合、その後再び画面割れが発生しても、AppleCare+の対象外になったり、正規店で修理してもらえない可能性があります。

また、修理費用が低すぎる非正規修理店では、「偽物ガラス」が使用されている可能性があります。
「偽物ガラス」は壊れやすく、非常に危険です。

【DIY】 iPhone の修理キットを使って自分で修理する方法と値段

iPhone の「修理キット」が販売されているので、自分で画面を修理することも可能です。
工具をそろえて修理を行えば、修理店に依頼するよりも安く修理することができます。

【 iPhone 6s 修理方法の動画↓】

【 iPhone 修理キット↓】

もちろん、自分で修理を行う際には「リスク」も伴います。
自分でも問題なく修理できる自信がある方は、挑戦してみると良いかもしれません。

【中古買取業者】画面が割れた iPhone を買い取ってもらう場合の価格相場

画面が割れた iPhone を「中古買取業者」に依頼して買い取ってもらう方法もあります。

iPhone の中古買い取り価格相場は以下のようになっています。

iPhone モデル買取価格相場
iPhone Ⅹ(64GB)約50,000円
iPhone 8(64GB)約30,000円
iPhone 8 Plus(64GB)約30,000円
iPhone 7(32GB)約23,000円
iPhone 7 Plus(32GB)約28,000円
iPhone 6s(32GB)約13,000円
iPhone 6s Plus(32GB)約15,000円

激しい傷などがある場合、上記の価格よりも減額する可能性があります。

【画面割れ対策】おすすめアイテム

最後に、「画面割れ対策」アイテムをご紹介します。
そもそも、画面が割れないように対策しておけば、高い修理費用などを払わずに済みます。

 iPhone強化ガラスフィルムの選び方とおすすめランキング2018

 【当サイトおすすめ】今話題のiPhoneケースカバー特集

まとめ

今回は、「 iPhone 画面の修理」について解説してきました。

iPhone の画面修理には、

  • 正規修理店(アップルストア・正規サービスプロバイダ)に依頼
  • 大手通信キャリア(ドコモ・ソフトバンク・au)に依頼
  • 非正規修理店に依頼
  • 自分で修理

といった選択肢があります。

各修理方法によって、修理にかかる費用や時間が異なりますが、修理後のリスク(画面がすぐ壊れる、以降Apple認可の修理を受けることができない)なども考慮すると、「アップルストア」や「正規サービスプロバイダ」に修理依頼することをおすすめします。

「 AppleCare+ 」に加入していれば、3,400円という非常に安価な価格で、画面修理をすることができます。
(ただし、「 AppleCare+ for iPhone 」に加入する場合、加入料金が必要です。)

コメントを残す




CAPTCHA