Microsoft Visual c++をアンインストールした時の影響を解説

ではMicrosoft Visual c++をアンインストールしていきましょう。

手順は

  1. Windowsアイコンをクリック
  2. 「設定」→「アプリ」→「不要なバージョンのMicrosoft Visual C++」をクリック
  3. 「アンインストール」をクリック

でOK。

必要なMicrosoft Visual c++をアンインストールした時の対処法

以上の方法でMicrosoft Visual c++をアンインストールすることができました。

しかし、間違ってMicrosoft Visual c++をアンインストールしてしまった場合はどうすればいいのでしょうか。

対処法①対象のMicrosoft Visual c++を再インストールする

まずは間違ってアンインストールしたMicrosoft Visual c++を再度インストールしましょう。

MicrosoftのHPからMicrosoft Visual c++をインストールすることができます。

Microsoft Visual c++を再度インストールする方法はのちにご紹介します。

対処法②動かなくなったソフトごと再インストールする

またMicrosoft Visual c++をアンインストールしたことにより動かなくなるソフトウェアがあります。

Microsoft Visual c++だけでなくそのソフトウェアごと再度インストールする方法もあります。

これで

  • Microsoft Visual c++
  • ソフトウェア

の2つを同時にインストールすることができます。

【Microsoft Visual c++】再インストールする方法

ではMicrosoft Visual c++を再度インストールする方法をご紹介します。

公式サイトから再インストールする

Microsoft Visual c++を再インストールするには

  1. コントロールパネルを開く
  2. 「スタート」→「appwiz.cpl」と入力
  3. Microsoft Visual c++に関連する製品をアンインストールする
  4. MicrosoftからMicrosoft Visual c++をインストールする

でOK。

【Microsoft Visual c++】ダウンロード可能なバージョン一覧

ではMicrosoft Visual c++でダウンロード可能なバージョンを一覧でご紹介します。

バージョン①Visual Studio 2015、2017および2019

Visual Studio 2015、2017および2019でのダウンロード可能なバージョンは

です。

バージョン②Visual Studio 2013(VC++ 12.0)

Visual Studio 2013(VC++ 12.0)でのダウンロード可能なバージョンは

です。

バージョン③Visual Studio 2012(VC++ 11.0)

Visual Studio 2012(VC++ 11.0)でのダウンロード可能なバージョンは

です。

バージョン④Visual Studio 2012(VC++ 10.0) SP1

Visual Studio 2012(VC++ 10.0) SP1でのダウンロード可能なバージョンは

です。

バージョン⑤Visual Studio 2012(VC++ 9.0) SP1

Visual Studio 2012(VC++ 9.0) SP1でのダウンロード可能なバージョンは

です。

バージョン⑥Visual Studio 再頒布可能パッケージ

Visual Studio 再頒布可能パッケージでのダウンロード可能なバージョンは

  • Visual C++ 再頒布可能パッケージ

です。

【Microsoft Visual c++】ダウンロードできない時の対処法

Microsoft Visual c++がダウンロードできない時の対処法をご紹介します。

対処法①インストール済のMicrosoft Visual c++パッケージを削除

まずはインストールしてあるMicrosoft Visual c++パッケージを削除しましょう。

手順は

  1. タスクバーを開く
  2. 「アプリと機能」→「Microsoft Visual c++」→「アンインストール」をクリック
  3. 「アンインストール」→「アンインストール(Uninstall)」をクリック
  4. 画面を閉じる

でOK。

対処法②Microsoft Visual c++パッケージを再インストールする

上記が終わればMicrosoft Visual c++パッケージを再度インストールしましょう。

手順は

  1. こちらにアクセス
  2. Microsoft Visual c++パッケージをインストールする

でOK。

対処法③一時ファイルの削除

Windows上に保存されている一時ファイルを削除しましょう。

手順は

  1. エクスプローラーを開く
  2. C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Local\Temp」を開く
  3. tempフォルダを全て削除する

でOK。

対処法④Windowsをクリーンブートで起動する

Windowsをクリーンブートで起動する方法も有効です。

手順は

  1. Windowsアイコンをクリック
  2. 「ファイル名を指定して実行」→「名前」にmsconfig」と入力
  3. 「スタートアップのオプションを選択」で「スタートアップの項目を読み込む」をOFFにする
  4. 「サービス」→「Microsoftのサービスをすべて隠す」をONにする
  5. 「すべて無効」→「適用」をクリック
  6. PCの再起動

でOK。

対処法⑤Windows Updateをする

パッケージのインストールが完了すれば、Windows Updateを行いましょう。

Windows 10のバージョンを最新にしておくことは大事なことです。

Windows Updateを行うには

  1. Windowsアイコンをクリック
  2. 「設定」→「更新とセキュリティ」→「Windows Update」をクリック

でOK。

これでWindows Updateを実行することができます。

対処法⑥システムファイルの修復

システムファイルに問題がある場合があります。

この場合は

  1. Windowsアイコンをクリック
  2. 「Windows PowerShell(管理者)」→「はい」をクリック
  3. sfc /scannow」を実行
  4. Dism /Online /Cleanup-Image /ScanHealth」を実行
  5. Dism /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth」を実行
  6. コマンドプロセス完了まで待機
  7. PCの再起動

でOK。

まとめ

今回はMicrosoft Visual c++のアンインストール時に生じる影響について見ていきました。

Microsoft Visual c++はWindowsに標準搭載されているプログラムです。

しかしMicrosoft Visual c++はPCの容量を圧迫することがあり、削除したいと思うこともあるでしょう。

なるべくMicrosoft Visual c++を削除せずWindowsを使い続けることが推奨されます。

関連する記事