「YouTubeに使用を許可しているライセンス所持者」の意味とは

YouTube上の「YouTubeに使用を許可しているライセンス所持者」。

実はSNSなどでYoutube上の素材を勝手に使っている人は気を付けたほうがいいんです。

そこで今回は「YouTubeに使用を許可しているライセンス所持者」の意味を見ていきます。

「YouTubeに使用を許可しているライセンス所持者」とは

では「YouTubeに使用を許可しているライセンス所持者」について見ていきます。

「YouTubeに使用を許可しているライセンス所持者」には動画内で見つかった楽曲の使用をYouTubeに同意した著作権者が表示されています。

これはつまり楽曲が含まれているYouTubeの動画を視聴する際に、動画の概要欄に「YouTubeに使用を許可しているライセンス所持者」と表示されるということなんです。

皆さんも動画内で使用されている楽曲に関する情報を見たことがあると思います。

広告などの収益を受け取れる

また「YouTubeに使用を許可しているライセンス所持者」では使用許諾契約上で動画がYouTubeで得られる広告などの収益を受け取ることが可能です。

「YouTubeに使用を許可しているライセンス所持者」の横に記載されている著作権者が一部の広告配分を受け取ることができる仕組みをYouTubeは有しています。

1曲の収益が多数の著作権者に配分されることも。

また「楽曲著作権管理団体」や「著作権管理団体」などと表示されることもあり、これは団体メンバーとしての表記になっています。

さらには申し立ての動画に関しては収益を分配するようになっています。

「YouTubeに使用を許可しているライセンス所持者」動画削除の経緯

では「YouTubeに使用を許可しているライセンス所持者」動画削除の経緯を見ていきます。

「YouTubeに使用を許可しているライセンス所持者」動画削除の経緯にはいくつかあるので1つ1つ見ていきましょう。

YouTubeの概要欄を見て許可されていると思った

まずはYouTubeの概要欄を見て許可されていると思ったことです。

「YouTubeに使用を許可しているライセンス所持者」と概要欄に自動的に項目が出ています。

するとYouTubeから許可をされたと勘違いしてしまうケースがあるようです。

YouTubeが自動的に「YouTubeに使用を許可しているライセンス所持者」を表示させているので動画投稿者が許可を取ったわけではありません。

音楽を使用した公式の説明を読んでいなかった

次は音楽を使用した公式の説明を読んでいなかったことです。

「YouTubeに使用を許可しているライセンス所持者」と表記されているからといって楽曲を勝手に使用していいわけではありません。

ランティスによると「以下を利用目的とする音源使用につきましては、お断りしております。
・YouTube等の動画投稿、共有サイトにおける個人使用。」

と表記されています。

つまりランティスも音源の使用許可を出していないということがわかりますね。

YouTube上でも「YouTubeに使用を許可しているライセンス所持者」と表記されていても楽曲を勝手に利用することはしてはいけません。

収益化がなければいいわけではない

また収益化がなければいいわけではないです。

正直著作権云々の話になってくると「収益化しなければいいんだろう」と思いがちです。

しかし「YouTubeに使用を許可しているライセンス所持者」と表示されている動画の中にはほとんど削除されていました。

YouTubeが許可していないことがわかります。

YouTubeクリエイターが素材の使用許可を取るには