【iPhone/iPad】Wordが編集できる無料アプリおすすめTOP3!

デバイスに「Microsoft Word」をインストールしたら、アプリを起動してみましょう。

まず最初に、Microsoftアカウントにサインインすることを求められます。

すでにアカウントをお持ちの方は、サインインに必要な「メールアドレス」または「電話番号」を入力して「次へ」をタップしましょう。

まだMicrosoftアカウントをお持ちでない方は、画面下にある「後でサインイン」をタップしましょう。
後に「新規アカウントの作成」を求められます。

ここでは、すでにアカウントを持っているケースで解説を進めていきます。

Microsoft Word,サインイン Microsoft Word,サインイン,入力

 

「メールアドレス」「電話番号」を入力して「次へ」をタップしましょう。

 

Microsoft Word,サインイン,パスワード入力画面 Microsoft Word,サインイン,パスワードを入力

サインインに必要な「パスワード」を入力して、右下の「サインイン」をタップしましょう。

パスワードを忘れてしまった場合は、一度パスワードをリセットして、もう一度設定し直す必要があります
詳しくは「Microsoft アカウントサポート」で確認してみてください。

 

Microsoft Word,サインイン,サインイン認証中画面

 

上の画面が出れば、無事アカウントにアクセスできたことになります。

 

Microsoft Word,確認事項 Microsoft Word,通知の許可

 

「品質向上のご協力」「アプリの通知を有効にする」ことを求められるので、問題なければそれぞれ「はい」「通知を有効にする」をタップしましょう。

 

Microsoft Word,サインイン完了画面

上の画面が出れば、「Microsoft Word」の準備が整ったことになります。

「ドキュメントを作成および編集する」をタップしてください。

Microsoft Word,管理画面

 

そうすることで、「Microsoft Word」の画面が出てきます。

Wordファイルを開く

パソコンで作成して「OneDrive」上に保存したWordファイルを、アプリで開く方法を解説します。

パソコンでWordファイルを作成し、OneDriveに保存

iPhoneやiPadでも編集・閲覧できるようにしたい場合は、保存先を「OneDrive」にしておく必要があります。

Word,ファイル

 

Word文書の左上にある「ファイル」をクリックします。

 

Word,名前を付けて保存,OneDrive

 

WordファイルをOneDriveに保存

左メニューの「名前を付けて保存」

「OneDrive – 個人用」をクリック

「ファイル名」の入力と「ファイルの形式(ここでは”Word文書”)」の選択

「保存」をクリック

この順番で保存作業をすれば、OneDriveにWordファイルを保存することができます。

アプリからファイルを開く

アプリから、OneDriveに保存したファイルを開いてみましょう。

まずアプリの下にある「開く」をタップして、「OneDrive – 個人用」をタップしてください。

iPhone,Word,アプリ

 

そうすると、現在OneDriveに保存されているファイルやフォルダが表示されます。
先程保存したファイル「Wordアプリ」の「アイコン」をタップすると、ファイルが開きます。

 

iPhone,Word,ファイルを開くiPhone,Wordファイル

Wordテキストの編集

Wordテキストの編集は、パソコンでWordテキストの編集をする時とほとんど同じです

文字入力

文字を入力する方法は、普段スマートフォンを使ってメールやLINEで文字を入力するときと同じです。

iPhone,Word,文字入力

マーカー

文字にマーカーを引く方法を紹介します。

マーカーを適用したい文字を選択して、文字編集タブから「マーカー」を選んでいきます。

 

iPhone,Word,マーカー選択

iPhone,Word,マーカー

 

「蛍光ペンの色」引きたいマーカーの色を選択して、タップしてみましょう。
選択した文字にマーカーが適用されます。

一度引いたマーカーを取り消したい場合は、文字を選択して、「色なし」をタップしましょう。

 

iPhone,Word,マーカー取り消し

文字色変更

文字色を変更する方法も簡単なので、覚えておきましょう。

iPhone,Word,文字色変更

色を変更したい文字を選択して、文字編集タブから「文字色」をタップします。

iPhone,Word,文字色変更設定

変えたい色をタップすれば、選択した文字がその色に変わります。

iPhone,Word,文字色変更確認

一度色を変えた文字を、再びデフォルトの「黒色」に変えるには、文字を選択して「自動設定の色」をタップしましょう。

iPhone,Word,文字色削除 ↓

iPhone,Word,文字色が戻ったことを確認

文字色が元の色に戻っていることが分かります↑。

Wordテキストの保存

Wordアプリでは、基本的にOneDriveに自動保存されます。
そのため、特に「保存作業」を行う必要はありません

アプリ画面右上の「…」をタップして、「OneDriveの自動保存」がONになっているか確認してください。

iPhone,Word,その他 iPhone,Word,自動保存

WordファイルをPDFで保存

次に、WordファイルをPDFで保存する方法をご紹介します。

ネットプリントを行う際には、ファイルの形式をPDFにすることを求められる場合もあります。
そのため、WordアプリからファイルをPDF形式で保存する方法をしっかり覚えておきましょう。

 

iPhone,Word,エクスポート

 

右上の「…」「エクスポート」の順でタップしていきましょう。

 

iPhone,Word,PDF変換

 

上の画像にあるように「PDF」をタップしてください。

 

iPhone,Word,PDFで保存

 

PDFファイル名を入力して、右上の「エクスポート」をタップしましょう。

 

 iPhone,Word,pdfにエクスポート

 

「オンラインのファイル変換を許可しますか?」と聞かれるので、「許可」をタップしましょう。
これで、WordファイルをPDF変換して保存することができました。

 

iPhone,Word,PDFファイルを確認

 

アプリの「最近の項目」をタップしてみてください。
作成したPDFファイルが追加されています。

PDFファイルはOneDriveに保存されているので、パソコンから確認することも可能です。

 

PC,OneDrive,保存ファイル

PC,PDFファイル

↑しっかりPDFファイルに変換されていることが分かります。

Wordファイルをメールに添付して送信

最後に、「Microsoft Word」アプリで作成したファイルを、メールに添付して送信する方法をご紹介します。

 

iPhone,Word,コピーを送信

 

アプリ右上の「…」→「コピーを送信」の順にタップします。

 

iPhone,Word,送信するコピーの設定

 

メールに添付するファイルの「書式」「送信手段」を選択してください。
「別のアプリで送信する」をタップすると、以下のような画面が出ます。
送信手段をタップしましょう。
ここでは、Gmailを選択します。

 

iPhone,Word,コピーの送信手段

 

Gmailをタップしたら、すでにWordファイルが添付されたメールが作成されます。
送信アドレスを入力・送信者を選択して、送信しましょう。

 

iPhone,Word,メールに添付

Office365を購入すれば「フルスペック」で使える

Office365を購入することで、Wordを「フルスペック」で利用することができます。

Office365とは?

Office365は、毎月または毎年、料金を支払うことで利用できるサービスです。

 

Office365を導入することで、Word・Excel・PowerPointなどのアプリケーション利用の他、

  • 「メール・スケジュール・連絡先管理」
  • 「情報やドキュメントを共有」・「クラウド上での共同作業」
  • 「Web会議システムによるオンライン会議」

などが可能になります。

「iOS用 Office365」を購入すれば、iPhoneやiPadでもOffice365の機能を利用することができます。
iOS用 Office365 モバイルアプリを購入

第2位:Googleドキュメント

コメントを残す