iPhoneのSiriの使い方!Siriとの面白い会話も紹介

なぞなぞもSiriにはできます。Siriの使い方としてなぞなぞをして最近の家時間を過ごしている人もいます。Siriになぞなぞを出したもらうには、「なぞなぞ出して」言うと頭を柔軟にしないと答えられないような「なぞなぞ」など幅広い問題を出してくれます。

他の音声アシスタントを呼びかける

またGoogleHomeやアレクサなどの他の音声アシスタントを持っている場合は、Siriから呼びかけることもできます。GoogleHomeやアレクサを起動してやGoogleHomeやアレクサはどこと話しかけるとSiriから他の音声を呼びかけてくれます。

都市伝説

またSiriの使い方として都市伝説のような回答を聞くこともできます。Siriにいつ生まれたのや名前を教えて聞くと都市伝説のようなおかしな回答やちょっぴり怖い回答を言ってくれます。

歌ってもらう

またSiriの面白い使い方としてはSiriに歌ってもらうこともできます。Siriに歌ってもらうには、「何か歌って」とSiriにお願い時期に応じた歌や最近の流行りを選曲して歌ってくれます。

その他にも面白いSiriの会話があるので下の記事を参考にしてみてください!

https://apple-geeks.com/iphone-siri-2393

【iPhone】Hey Siriを設定する上での注意点

ここまではiPhoneのSiriの使い方やポイントについて紹介してきましたが、Siriを使うためには注意点もあります。ここではiPhoneのSiriを活用する際の注意点についてチェックしてみましょう。

【注意点】①Hey Siriが他の人の声で反応することがある

まずiPhoneのSiriを起動する際に声でHey Siriと声をかける際に他の人のHey Siriの掛け声に反応してしまう場合もあります。特に動画や音声でHey Siriに似た声を聞こえた場合でもHey Siriと声掛けられてと思い、Siriを起動してしまう場合もあります。

ロック画面では起動しないにしておくのがおすすめ

このように他の人のHey Siriの声でSiriを起動してしまうとトラブルや恥ずかしい思いをすることもあります。なので普段あまりSiriを利用しない場合は、ロック画面ではHey Siriに反応しないようにSiriの機能を無効化しておくとよいかもしれません。

【注意点】②文脈がおかしいことがある

またSiriはまだ不十分のAIツールなので稀に文脈がおかしいこともあります。またこっちが話す声もちゃんと認識してくれない場合もありますので、温かく見守ってあげるのもいいかもしれません。

【注意点】③以前のiOSではセキュリティ上の問題もあった