【Skype】起動しない時の対処法!自動起動の無効化手順も解説

Desktop版とApplication版のSkype softの違いとしては、Softwareのダウンロード方法によって異なります。デスクトップ版のSkypeソフトウェアを利用している場合は、Microsoft公式サイトからダウンロードしている場合は、デスクトップ版のSkypeのソフトウェアを利用していることになります。

アプリ版はMicrosoft Storeからダウンロード

一方でApplication版のSkypeソフトウェアを利用している場合は、Microsoft StoreからダウンロードしているとApplication版のSkypeを利用していることになります。Microsoft公式のサイトからダウンロードしているの異なり、Microsoft公式のアプリケーションサイトであるMicrosoft StoreからApplicationをダウンロードしているので、Microsoftのアカウントが必要になってきます。また間違ったソフトウェアをインストールしてしまうことも防ぐことができるので、安心してアプリを探すことができます。

フォントや仕様が若干違う

Desktop版とApplication版のSkypeSoftの違いとしては、ほとんど機能としては同じになっています。しかし見た目の点でDesktop版とApplication版のSkypeSoft違いもあります。Desktop版とApplication版のSkype Softのインターフェイスの違いとしては、フォントや若干の仕様が異なっています。なのでどちらかのヘビーユーザであれば少し使いずらく思ってしまうこともあるかもしれませんが、使っていればすぐに慣れるでしょう。

Skype】アプリ版を起動しないようにする方法

Skypeは通常アプリをインストールすると自動起動が有効化されています。これはWindowsパソコンのスイッチをオンにした際に勝手にSkypeのソフトウェアが起動するようになることで、すぐにメッセージのやり取りや会議に参加することができるメリットがある一方でWindowsOSの起動が遅くなってしまうデメリットもあります。ここではSkypeを自動起動しないようにさせる方法について紹介していきます。

アプリ版のSkypeはWindowsの起動時に自動起動する

Application版のSkypeの場合は、Windowsがデフォルトで自動起動になってしまっています。なので必要に応じてSkypeの自動起動を無効化やオフにしておく必要があります。ここではSkypeの自動起動しないように無効化させる方法について確認してみましょう。

自動起動をオフにする手順

Skypeの自動起動を無効化・オフにする方法としては、Skype Applicationを起動させて、歯車マークの設定画面を起動させましょう。そしてSkype自動的に開始」の項目がオフになっているかをチェックしてみましょう。オフになっているとSkype が自動起動しないようになっています。

まとめ

ここではSkype のアプリケーションが起動しなくなってしまった場合の対処法についてチェックしてきましたが、デバイスや環境によって原因は異なってきます。なのでまずは自分のパソコンで問題となっている原因を1つずつチェックしてみましょう。