欲しいものリストは気持ち悪い?公開する心理と作成方法も徹底解説

Amazonの欲しいものリストを作っても住所を登録しないという方法もあります。
この場合は、Amazonギフト券を欲しいものリストに入れて、Amazonギフト券をプレゼントしてもらうという方法です。悪用を目的とした人はプレゼントしてこないはずです。

また、住所を借りるという方法もあります。
友人のお店や実家などに協力してもらい住所を借りて登録して宅配物を受け取ってもらう方法です。しかし、いざという時は迷惑をかけてしまうことを念頭に入れておきましょう。

③アカウント名を偽名やニックネームに変えておく

Amazonの欲しいものリストはAmazonアカウントで設定した名前が出てしまう事がたまにあるので、Amazonアカウント名は本名以外の偽名やニックネームに変えておくことで、本名がバレる心配が軽減されます。
また、Amazonの欲しいものリストをSNSなどに公開する場合は、SNSのニックネームやプロフィールにも本名の記載は避ける事が賢明です。

【安全?】Amazonの欲しいものリストの正しい作成方法

この項目ではできる限り安全なAmazonの欲しいものリストの作成方法を解説します。100%安全なAmazonの欲しいものリストを公開する方法はありませんが、正しい方法をとる事で、危険を少しでも回避しましょう。

①アカウント名を変更

まずはお使いのAmazonにログインしてください。
『アカウント&リスト』から『アカウントサービス』を開き、『ログインとセキュリティ』をクリックします。名前欄があるので名前をニックネームなどに変更して完了です。
欲しいものリストを友人・家族以外に公開する場合は、必ずアカウント名をニックネームに変更します。アカウント名を特に変更していない場合は本名が表示されます。

②欲しいものリストの作成

Amazonにログインして『アカウント&リスト』から『ほしい物リストを作成する』を開きます。リストに好きな名前を入力して『公開』を選択して『リスト作成』をクリック。これで欲しい物リストの作成は完了です。

③欲しいものリストの設定変更

ここからが重要な設定となります。
作成したリストの右上にある『・・・』にカーソルを合わせて『リストの設定』を選択すると管理リストが開かれるので設定をします。

・リスト名→なんでも大丈夫
・公開/非公開の設定→公開を選択
・リストの用途→自分を選択
・受取人→ニックネームを入力
Eメールアドレス→入力しないで大丈夫
・誕生日→入力してもしなくても大丈夫
・内容→コメントを入力
・お届け先住所→後に詳しく解説します
・購入済み商品をリストに保持する→お好みで大丈夫
・サプライズにする→お好みで大丈夫
サプライズにチェックを入れると商品到着まで未購入の商品としてリスト上に表示されます。
・デフォルトのリスト→お好みで大丈夫 次にお届け先住所について詳しく解説します。
まず、お届け先住所は『新規作成する』を選択してください。
/地域→Japanを選択
氏名→ニックネームを入力
郵便番号→正しく入力
都道府県→正しく入力
住所→上段に正しい住所を入力 下段に本名を入力
会社名→入力しなくて大丈夫
電話番号→正しく入力
第三者の出品の商品の発送同意書→チェックを入れない

ここで気を付ける点があります。
第三者の出品の商品の発送同意書とはAmazon以外が出品者の商品だった場合、あなたの個人情報を出品者に提供しますというものです。
出品者が送り主に個人情報を通知してしまう可能性があるので、チェックを入れない方が安全です。
なので、欲しいものリストにはAmazonが販売、発送しているものだけを入れましょう。
また、電話番号と住所入力欄の二段目に本名を入力しましたが、これは運送業者に伝えるためのものなので正しく入力します。

④欲しいものリストに商品を登録

欲しいものリストに商品を登録します。
商品ページ右側の『欲しいものリストに追加する』を選択すればリストに登録されます。

⑤コメント、数量、優先度の設定