0120958213はオリコカードからの保険勧誘の営業電話

20代〜30代では、

  • 転職
  • 結婚
  • 出産

など人生においての一大イベントが重なってくる年代です。

また、一軒家を購入して多額のローンを組むこともあるでしょう。

朝敵的な目で見てお金が必要になってきますので、20代〜30代でも医療保険についてはよく考えておく必要があります。

さらに、20代〜30代は貯金が少ない傾向にありますので医療保険への加入は必須と言えるでしょう。

40代

40代になると子供ができて、自分よりも子供の将来について考える時期です。

子供の進路や教育費などを捻出しなければなりませんが、ある程度貯蓄がある家庭が一般的です。

ただ、

  • 住宅ローンが残っている
  • 第2子・3子の出産を控えている

などにより更なる経済的な安定を求める必要がある場合が多いです。

しかも、40代はがんになる可能性が高まってきますのでがん保険などに加入すべき年代でもあります。

老後のことも視野に入れなければならないので、

  • 入院給付金の上乗せ
  • がん診断一時金

などを検討すべきでしょう。

50代~

50代~になると、子供が独立していくため養育費などはかからなくなってきます。

住宅ローンも残りわずかになりますので、自分がいかに長生きをして楽しめるかを考える年代になってきます。

ちなみに50代~になると、

  • 心疾患
  • 脳血管疾患

などの三大病にかかりやすくなりますので、保険を一新する年代でもあります。

どのように老後を過ごしていきたいのかをしっかりと考えて、それに対して貯蓄がどれくらいあればいいのかをシミュレーションしてみましょう。

将来の医療費を賄いきれない場合は、医療保険に加入してカバーしておく必要があります。

医療保険に入った方が良いケース

以上でわかる通り、全員が医療保険に加入すべきではありませんが必要な人は多い傾向にあります。

特に最近では、20~30代はお金が無いため医療保険への加入は必須と言えるでしょう。

ではここで医療保険に入った方が良いケースについて学んでおきましょう。

貯蓄に対して不安が残っている方

まず、貯蓄に対して不安が残っている方は医療保険に加入しておきましょう。

お金に対する不安は一生消えないものとされていますが、ある程度まで貯蓄が増えると不安は無くなります。

しかし、公的医療保険の補助があっても自己負担はしなければなりませんので入院中の貯蓄状況が気になる方も多いようです。

万が一の事態に備えて貯蓄をしているが、まだまだ不安がある方は医療保険へ加入しておいてください。

万が一に備えることでの安心感

近年、平均在院日数が短縮化されていますが高額医療費制度を利用してもかなり医療費が高額になるケースがあります。

生命保険文化センターの「令和元年度(2019年度)生活保障に関する調査」を引用すると、直近に入院経験のある人の約23%が1回の入院で30万円以上を自己負担で支払っています。

これからわかる通り、一度の入院にはまとまったお金が必要になってくるのです。

この「まとまったお金」に対して備えを講じることで、安心感を得られる人は医療保険へ加入しましょう。

先進医療を受けたい方

日本では先進医療は公的医療保険の対象外になりますので、100%自己負担を強いられます。

医療方法や病気の内容によって料金は様々ですが、

  • 陽子線治療
  • 重粒子線治療

などは1件につき200~300万円ほどお金がかかる場合があります。

この先進医療を受けたいと考えている方は月々100~250円ほどで付けられる医療保険への加入を検討しましょう。

結局は各個人のライフスタイルに応じての判断に

関連する記事