友達、自分のline idの調べ方!登録すると危険性はあるの!?

もはや利用してない人がいないといっても言いほど利用者の多いLINE。友達を追加する方法は、自分のLINE IDを教えるのが一番簡単ですがその方法はどんなものがあるか調べて見ました。その他にも便利な登録方法があるのでいくつか載せておきますので是非試してみてください!

自分のLINE IDを教える場合

最初に紹介しました、IDの調べ方で自分のIDを確認して友達に直接かSNSで教えることはできます、ですがLINE上で教える方法は残念ながらないようです。ですが既に自分のアカウントを知っている人と新しく登録したい相手がLINEで登録をすませているのであればアカウント招待やグループ招待をしてもらい登録をすることは可能なようです。

もし教えるのが面倒、教えたくない、IDを登録してない方でそれ以外の方法では電話番号での検索もできますのでやり方を紹介しておきます。

  1. まず「検索」マークを選んでください。
  2. 検索画面が開かれますので電話番号を選択して入力してください
  3. アカウントが表示されたら友達に追加してください。

※電話番号で検索したのに出てこない場合は、電話番号やLINE IDで連絡先の追加をすることを拒否している場合があります

調べ方として電話番号で検索しても表示されない場合には、友だち追加のところにある設定ボタンを選択してください。

すると、それに関する項目が表示されます。

LINEで電話番号の検索を許可したい場合は、ここのレ点をチェックしましょう。※なお、レ点にチェックしてしまうと電話番号を知っている人にも友達追加される可能性大なので、そのリスクを負いたくない場合はレ点チェックは避けましょう。

友達のLINE IDを教える場合

ここまでは自分のLINE IDを教える方法について説明してきましたが、自分が知っている友達のアカウントを他の誰かに教える場合についても説明しましょう。

トークに「連絡先」を貼る方法!

実はLINEのトーク画面に他のアカウントの「連絡先」を貼ることができます。

LINEのトーク画面の下にある+マークを選んでください。するとメニューが表示されますので、そこで「連絡先」と表記されているアイコンを選びます。

すると、LINEの連絡先と端末内の連絡先を選択することができるようにポップアップが表示されます。

今回はLINEの連絡先を教えたいので、「LINE友だちから選択」を選択してください。

すると、LINEの友達一覧が表示されますのでその中で、LINEトークしている相手に教えたい連絡先にレ点を入れ(複数OK)、「選択」を選んでください。

選択が終わってLINEのトーク画面に相手の情報が簡単にでありますが表示され、ここをタップすればそのアカウントのページへ飛び、友達への追加できるようになります。

 

LINE IDで追加されたくない場合

学校の友達や会社の友達にIDを教えて登録をしてもらうのはいいのですが、登録したくない他の相手に教えられてしまう事なんてことも無いとはかぎりませんし、自分が検索されたくないな~って、思うこともあるとかと思います。

自分のプロフィールなんかを友だちならまだしも、知らない誰かに見られたりするのはちょっと怖いですし抵抗がありますよね。

LINEのIDが万が一流出した場合、知らないユーザーから友だち追加されて迷惑メッセージが届きやすくなる・・・なんていうリスクもありますしそんなことばかり考えていたら怖くてIDが使えなくなってしまいます!

ではそんな時はどうすればいいのでしょうか?残念ながらそんなときの対応策としては、IDでの検索機能による友だち追加許可設定をオフにしておくしかないようです。

LINE ID流出の危険性

アカウント登録するのにLINE IDを教えて友達追加しているユーザーは多いと思いますが、公共の場や学校、会社などで気軽にIDを教えると悪用されてしまう可能性もあります。もしLINE IDを教えて悪用された場合どういったリスクがあるのか・悪用されないための対策について説明していきます。

悪用されるリスク

LINEで友達登録をする時にLINE IDを交換することで登録してもらう方は多いと思います。しかし近年、LINE IDが悪用されてしまうケースが多くなっています。

とても気軽に使えるLINEですが不特定多数の人とIDを交換するなど簡単に教えてしまうと取り返しのつかない事になってしまう場合もあります。

1.個人情報が特定される

LINEのプロフィールを設定するときに本名や自分の顔写真を載せてる人は多いと思いますが、IDが流出して名前や写真を見られてしまうと、個人情報を特定されて最悪の場合、住所なども特定されてしまうリスクに繋がってしまいます。

2.関係ないユーザーや業者からメッセージが送られてくる

IDが流出してしまったらまったく関係のないユーザーや業者からメッセージが送られてしまうリスクがあり、出会い系などのメッセージや友達になりすました悪質なユーザーからメッセージ届き、悪質サイトに案内されるスパムメッセージが送られてきて、間違えてURLをタップしてサイトを開いてしまうと個人情報を取られたりアカウント乗っ取りなどの被害に合うことがあります。

また、そういったアカウントは何度ブロックや無視をしても次から次へと送られてきて、きりがなく防ぎようがなくなってしまう点にも注意です。

対処法

LINE IDを悪用される」リスクについてお話ししましたが、そこで対策として有効な方法4選をご紹介していきます。

1.不特定の人に見られる場所でIDを教えない

当たり前のことかとは思いますが出会い系アプリや掲示板など不特定の人が見る場所では、IDを教えてと言われても教えるのは絶対ダメです。やり取りしている顔の見えない相手もそうですが、不特定のユーザーが悪意を持ってIDを使う危険性があって非常にリスクが高いのでセキュリティがきちんとしている管理のできる場所以外では教えるのを止めましょう。

2.ID検索できないようにする

ID検索されなくするには知らぬ間に友達追加されないよう、ID検索を行えないように設定しましょう。今回ご紹介した中にID登録のやり方で設定の仕方を載せていますので、登録する時以外は設定を切り替えてID検索できないようにしておきましょう!

3.知らないアカウントからのメッセージ受信を拒否する

プライバシー管理画面で、「メッセージ受信拒否」というものがあってこれを選んでオンにすると、登録している友達以外からメッセージが送られてこないので、知らないアカウントからの悪質なスパムメッセージによるの受診を防ぐことができリスクを無くすことができます。

4.達自動追加をオフにする

プロフィール画面に「IDによる友だち追加を許可」の項目があって、ここがオンになっているとIDを知っている人が検索して友だち追加を行えるようになっているので、知らないアカウントに自動追加されないためにも設定をオフにしておきましょう!

まとめ