【PS4】セーフモードすら起動しない時の対処法を徹底解説!

PS4がセーフモードすら起動しない時の対処法の6つ目は、他のHDMIケーブルPS4とモニターを接続することです。HDMIケーブルに原因があってセーフモードすら起動しないことがあります。

必ずしもケーブルが原因とは言い切れないので、日常使いしているテレビなどで使っているHDMIケーブルを一時的に使ってみて接続することをおすすめします。

対処法⑦別のTVやモニターに接続する

PS4がセーフモードすら起動しない時の対処法の7つ目は、別のテレビやモニターにPS4を接続してみましょう。普段接続しているモニターとの間で問題が起きているだけかもしれないので、別のモニターに接続したら簡単に解決することもあります。

対処法⑧PS4とモニターを直でつなぐ

PS4がセーフモードすら起動しない時の対処法の8つ目は、PS4とモニターをハブなどに繋がずに直接つなぐことです。HDMIセレクターやアンプなどをハブに使っているとうまく表示されないことがあります。

対処法⑨電源タップに繋いでいる他の機器を取り外す

PS4がセーフモードすら起動しない時の対処法の9つ目は、電源の供給元に電源タップを使っている場合は他に繋いでいるコンセントを取り外しましょう。特に電源タップの場合は電源の供給量が決まっているので、PS4への電源が足りなくなることがあります。

電源タップの電源をフルで使える状態にしてセーフモードで起動してみましょう。コンセントに直接繋いでいる場合でもタコ足配線になっているなら、その場合も他の機器は取り外してみましょう。

対処法⑩モニターのファームウェアをアップデートする

PS4がセーフモードすら起動しない時の対処法の10個目は、モニターのファームウェアのアップデートです。最近のモニターやテレビはファームウェアが配信されアップデートが可能なものが増えてきています。

モニターやテレビのバグなどを解消するためにファームウェアが配信されているので、アップデートも行ってみましょう。

対処法⑪PS4本体の電源を落として1日放置する

PS4がセーフモードすら起動しない時の対処法の11個目は、PS4本体の電源を完全に切電して1日程度放置することです。

PS4を再起動する時も紹介しましたが、熱や電気が溜まった状態だとPS4が起動しないことがあります。放熱と放電をするために1日置いてみてからセーフモードで起動させてみましょう。

【PS4】セーフモードの役割とできること

前の項目ではPS4がセーフモードすら起動しない時の対処法を紹介してきました。次はそもそもセーフモードとはどういった役割なのかやセーフモードでできることを紹介していきます。

セーフモードとは?

関連する記事