「Steamゲームのアンインストール手順解説!再インストール方法も」

steamからゲームをアンインストールを選択したらゲームをアンインストールするのを待ち、steamを終了します。なおsteamからアンインストールする時間はゲームのデータ容量によって多少異なるようです。

steamからゲームデータを削除した際にセーブデータに関しては残るケースと残らないケースがあります。これは残るケースではsteamクラウドに対応しているゲームではセーブデータが残るケースがあります。

またはローカルファイルなどにセーブデータが入っているファイルをバックアップという形で残している場合などもゲームのセーブデータを残しておくことが出来ます。そのためアンインストールをしてもセーブデータを残すこと自体は可能です。

Steamのゲームをライブラリ上から削除する方法

sここまではsteamを起動してアンインストールを行う方法を紹介しました。steamを起動してアンインストールを行うという方法は再インストールを行う際に無料で行うことが出来るという特徴があります。

しかしsteamのライブラリ上からゲームデータそのものを削除するという方法でゲームを完全にアンインストールするという方法があります。これはsteamを通常の方法で起動してゲームをアンインストールしていく方法とは少し異なる方法で実施されます。

このライブラリから削除する方法はsteamサポートからログインして「このゲームをアカウントから永久的に削除したいです」を選択することでゲームをライブラリ上から削除することが出来ます。今回はsteamのゲームをライブラリ上から削除する方法を紹介します。

Steamサポートにアクセスし、ログイン

steamのライブラリ上からゲームを削除する方法としてまずsteamサポートにアクセスします。steamサポートにアクセスしたらsteamサポートからログインします。ログインはsteamのアカウント登録時と同様のデータを入力することでログインできます。

steamサポートがどこにあるか見つからない場合に関しては、ブラウザからsteamのヘルプを選択すことでsteamサポートにアクセスすることが出来ます。なおsteamサポートはライブラリ上から削除する以外にもQ&Aのように使うことが出来ます。

さらにsteamサポートはゲームごとの問題点なども表記されていたり、Q&Aがゲームごとに設けてあるなど、ヘルプのような要素も充実しているためアンインストール以外でもアクセスする機械が多いでしょう。

ライブラリから削除したいゲームを選択

steamサポートにアクセスしたらその中から削除したいゲームを選択します。そのゲームを選択すると「この製品にどんな問題がありますか?」という様に確認され、選択肢を選択する画面が出てきます。

この選択肢の中にはバグなどがあった場合に報告することが出来る「ゲームプレイあるいは技術的な問題」や「ライブラリ内にありません」という選択肢などユーザーの状態に合わせて報告する機能があります。

そのためsteamサポートはsteamのライブラリ上からゲームを削除する際以外のもゲームの問題などの報告もすることが出来ます。そのためバクやクラッシュが頻繁に起こる場合はsteamサポートから報告することが出来ます。

「このゲームをアカウントから永久的に削除したいです」を選択

steamサポートからゲームを選択したら選択しが複数出てきます。その中から「このゲームをアカウントから永久的に削除したいです」を選択します。この選択しを選択することで確認画面が出力されます。

steamサポートも通常のsteamを起動してゲームをアンインストールするとき同様に確認画面が出てきます。これはsteamサポート利用時に謝ってゲームを削除しないようにするための安全対策にもなっています。

steamサポートでのゲームのアンインストールを行う場合、アカウントから削除することになります。これはアカウント情報からゲームを削除するため再インストールなども行えなくなってしまいます。

「上記のゲームをアカウントから永久的に削除します。」を選択

steamサポートでライブラリ上からアンインストールしたいゲームを選択た状態で「このゲームをアカウントから永久的に削除したいです」を選択したら「上記のゲームをアカウントから永久的に削除します。」を選択します。

「上記のゲームをアカウントから永久的に削除します。」を選択することでライブラリ上からゲームをアンインストールすることが出来ます。しかしこのアンインストールはゲームの再インストールができないリスクがあります。

そのため、PCのストレージを確保するために容量が大きいデータであるゲームを一時的にアンインストールをする場合はこの方法でのアンインストールは避けるべきです。もし一時的アンインストールの場合はsteamを起動するアンインストールをお勧めします。

Steam自体をアンインストールする方法

ここまではsteamの中にインストールされたゲームをアンインストールする方法を紹介しました。しかし、もうPCではゲーム行わない場合などはsteamそのものをアンインストールするという方法があります。

steamそのものをアンインストールすること自体は可能になっています。steamのアンインストールはsteamそのもののプログラムを終了して、コントロールパネルからアンインストールをすることができます。

アンインストールをしてもアカウントデータを削除しなければ、再度インストールしてもアカウントデータを引き継ぐことが出来ます。今回はsteamのアンインストールをする方法を紹介します。

Steamを終了させておく

まずsteamをアンインストールするためにはsteamそのものを終了しておく必要があります。これはsteamのプログラムを起動した状態ではアンインストールができないため終了する必要があります。

これはコントロールパネルからソフトウェアなどアンインストールを行う場合は、プログラムを終了しないとPC上ではソフトウェアが動いている状態になってしまい、エラーが起こってしまいます。

ソフトを終了した場合、バックエンドでもプログラムが動いている場合があるのでソフトを終了してから少し時間を置いてから行うことをお勧めします。そのためsteamも同様に終了してから少し時間を置くことをお勧めします。

スタートボタンからコントロールパネルを開く

steamを終了したらコントロールパネルを開きます。コントロールパネルはPCPCのディスプレイなどの設定だけでなくアプリケーションなどの管理も行えます。そのためコントロールパネルを開いてください。

コントロールパネルを開く方法はまず初めにスタートボタンを押します。スタートボタンを押した後に「windows システムツール」を選択するとコントロールパネルがあります。コントロールパネルを選択するとコントロールパネルが起動します。

なおスタートからコントロールパネルを探せない場合やコントロールパネルがどこにあるかわからい場合には検索ボックスに「コントロールパネル」と打ち込むことでPC内を検索してコントロールパネルを表示します。

プログラムと機能を選択

steamをアンインストールするためにコントロールパネルを選択したら、コントロールパネルの中にある「プログラムと機能」を選択してください。使用しているOSのバージョンによっては「プログラム」のを選択すると「プログラムと機能」が出てきます。

この「プログラムと機能」を選択すると基本的に標準の設定であれば、現在PC内にインストールされているプログラムの一覧を表示することが出来ます。保存場所によっては「プログラム」の中にソフトが入っている事もあります。

これはコントロールパネルを開くことですぐ表示されます。もし「プログラムと機能」を選択してプログラム一覧を見た際に、steamが見つからない場合はすでにアンインストールがされている可能性が高いです。

一覧からSteamを選択し右クリック

steamをアンインストールするためにコントロールパネルから「プログラムと機能」へと移動したら現在PCにインストールされているプログラム一覧が出てきます。そしたらsteamを選択します。

steamを選択したらマウスの右クリックを押します。もしPC内にインストールをしているプログラムが多くて探すのが大変な場合、検索ボックスを使うことでよりスムーズにアンインストールをしたいソフトを探せます。

なおsteamに似ているアプリ名のものを使用して不安な場合などは発行元が「Valve Corporation」であるかを確認してください。アンインストールをするソフトを間違えないよう発行元なども確認するとリスクヘッジになります。

アンインストールを選択

steamをアンインストールをした際に「プログラムと機能」に移動したら現在PCにインストールされているプログラム一覧が出てきます。その中からsteamを選択し右クリックするとウィンドウが出てきます。

その中からアンインストールを選択します。「完了」を選択してsteamのアンインストールが終了します。アンインストールが上手くできないケースがあります。その場合はsteamを再インストールする必要があります。

なぜアンインストールが上手く行かない場合に再インストールが必要性があるかというと、ファイルを修復して再度アンインストールを行う必要があります。そのためにインストールをし直してデータの修復を行うことでアンインストールが上手くできないケースにも対応で来ます。

ゲームをアンインストールするとセーブデータも消える?

steamをやPCにインストールされているゲームをアンインストールするとセーブデータがが消えてしまうのではないかと心配があります。これはゲームによってセーブデータが消えてしまうケースと残るケースがあります。

これはゲームのセーブデータの保存先によって異なっています。steamの設定やゲームがsteamが展開しているクラウドサービスのsteamクラウドに対応しているかなどによってセーブデータが保存されたままになります。

またセーブデータの保存先によってもセーブデータが残るか保存されるかが異なります。steamappsのフォルダがゲームのセーブデータの保存先になっている場合はアンインストールと同時に削除されてしまいます。

Steamクラウドに対応しているゲームの場合は残る

steamをアンインストールしてセーブデータが残るケースがあります。これはsteamクラウドに対応しているゲームです。steamクラウドはゲームのセーブデータをクラウド上に保存されるサービスです。

steamクラウドに対応している場合は、自動でセーブデータがバックアップされます。バックアップデータはクラウド上で保存されます。そのためsteamそのものをアンインストールしてもセーブデータのバックアップは残ります。

またバックアップでクラウド上に残っているため、パソコンそのものが壊れてしまう場合やデータの破損がある場合、他のPCを使用している場合などでもsteamクラウドからデータを他のPCでも保存することができます。

Steamクラウドに対応しているかを確認する方法

PCにインストールされているゲームがsteamクラウドに対応しているかを確認する方法を紹介します。これはsteamでダウンロードしたゲームはsteamのライブラリで確認することが出来ます。

steamのライブラリでゲームを見るとステータスの隣に雲のマークがあります。このマークがついている場合はsteamクラウドに対応しています。このマークがあるものであれば複数のPCから入ることも出来ます。

これらsteamクラウドに対応している場合は、steamのアプリケーションをアンインストールしてもゲームのセーブデータ自体は残っている状態になります。そのため再インストールされる場合もセーブデータは引き継げます。

SteamAppsフォルダにデータが保存されている場合は残らない

steamappsにセーブデータを保存している場合は、steamそのものをアンインストールしてしまった場合、ゲームのセーブデータも削除されてしまいます。steamクラウドに対応していない場合steamappsに自動的に保存されます。

これはsteamappsが保存先としてデフォルト設定されています。実際にゲームの保存先になっている場所の多くはAppData\Localに入っているケースが多いです。そのためクラウド対応していない場合は保存先を確認しておくと良いでしょう。

保存先がもsteamappsに保存されている場合は、steamをアンインストールをする際は注意が必要です。そのためsteamをアンインストールする際はセーブデータの保存先も確認すると良いでしょう。

ローカルフォルダにデータが保存されている場合は残る

ローカルフォルダにデータが保存されている場合はsteamをアンインストールしてもセーブデータは残ります。これはローカルフォルダに保存されているとsteamがアンインストールしても自動的に削除されません。

そのためローカルフォルダに保存されている場合はアンインストールしてもデータは残るため再インストールしてもゲームのセーブデータは引き継ぐことが出来ます。そのためゲームをアンインストールしても問題はありません。

ゲームデータをアンインストールしてPCのストレージを確保するということもできます。そのためクリアしたゲームなどをアンインストールして、またプレイしたくなったらアンインストールするなどが可能です。

有料ゲームをアンインストールした場合無料で再インストールはできない?

steamは有料ゲームの販売も行っています。steamのアンインストールした場合も有料ゲームを再度インストールすることが出来ます。これはsteamのアカウントが残っている場合やただアンインストールをした場合であれば問題ないです。

しかし有料ゲームを再再インストールすることができないケースもあります。これはゲームの購入履歴がsteamのアカウントが繋がっているためsteamをアンインストールしても再度ゲームをインストールすることが出来ます。

しかしアカウントを削除してしまった場合などは、再度steamを使用する際にアカウントを作成しなければなりません。そのためsteamでの購入ライセンスも消えてしまうため再購入が必要になってしまいます。

アンインストールしただけなら可能

steamをアンインストールするだけであれば購入したゲームを再インストールすることは可能です。steamを使用する際はアカウントを登録する必要があります。もし再インストールすることは可能です。

これはライブラリ上からゲームを削除する場合も再インストールすることも可能です。これはアカウントに購入ライセンスが残っている場合です。そのためアンインストールしただけであれば無料で再インストールできます。

そのためsteamのライブラリから有料ゲームをアンインストールしても無料でインストールできるため、PCのストレージの確保を行うためにゲームを一度アンインストールを行うことも可能になります。

サポートから「永久的に削除」すると有料になる

steamをただアンインストールする場合には、有料ゲームをアンインストールした場合にも無料で際インストールすることが出来ます。しかしsteamのアカウントからサポートを永久的に削除した場合は有料になってしまいます。

これはどのような場合に買い直しになるかというと、一番わかりやすいケースでは、アカウントを削除してしまう場合です。これは購入したすべてのゲームがサポートから外れた状態になり有料で買い直す必要が出てきあmス。

またsteamの場合、同じゲームでもレーティングの違いなどで購入し直したい場合などがありあmス。この場合でもサポートから外して、再度購入し直すことで自分のプレイしたかったレイティングのゲームをプレイすることもできるようになります。

Steam自体を入れ直してもログインできれば可能

steamそのものをアンインストールする場合も同様にどうアカウントでログインすることが出来れば、購入したゲームであれば再インストールする場合でも無料でインストールすることが出来ます。

steamのアカウント際残った状態であれば、何度インストールとアンインストールを繰り返しても無料で行うことが出来ます。そのためアカウントさえ残っていれば、購入した有料ゲームも無料でインストールできます。

しかしアカウントを削除してしまった場合は、ゲームを再購入する必要があります。そのためsteamをアンインストールする際に、アカウントを残しておくことでsteamを再インストールしても購入したゲームを遊ぶことが出来ます。

まとめ

steamをアンインストールする方法を今回は紹介してきました。steamではライブラリからゲームをアンインストールすることが簡単にできます。またセーブデータもクラウド上やローカルファイルに保存することでセーブデータを利用できます。

そのためsteamのライブラリからクリアしたゲームを削除するなどしてPCのストレージを確保することが出来ます。さらに購入したゲームもアカウントがあれば無料で再インストールすることもできます。

そのためsteamをアンインストールしても、クラウド上にセーブデータがあればセーブデータも引き継げ、さらにアカウントがあれば購入したゲームも無料で再インストールできいつでも遊ぶことが出来ます。