Windows10の32bit版/64bit版の各メリット解説

Windows32bit版のメリットとして、元々もPCのスペックが3GB以下のメモリを搭載している場合は無理に64bitにアップデートする必要はありません。ネット用や音楽の再生用、スマホとの同期用といった日常使いのPCなら32bitで十分です。

2TB以下のストレージ搭載PC

自作PCで後からストレージを増設する予定がある場合、32bit版では2TB未満のストレージしか増設ができません。ストレージに関しても日常使い程度のPCなら大きな容量は必要がないので、用途によっては32bitで十分です。

32bit版の方がアプリケーションのサイズが小さくストレージの節約に

Windows10の64bit版のアプリケーションに比べてWindows10の32bit版のアプリケーションは容量を節約することができます。64bit版にすることでメモリの使用量も増えるので、特殊なソフトを使う予定がないのであれば32bit版で十分です。

Windows10の32bit版/64bit版のどちらが良いのか?

では、Windows10の32bit版と64bit版ではどちらが良いのかについて紹介をしていきます。

日常使いやデスクワークなら32bit

Windows10の32bit版のメリットでも紹介しましたが、日常使いやOfficeなどデスクワーク系のソフトしか使わないのであれば32bit版で十分です。64bitを最大限に活かすスペックのPCだとそもそもの価格が高くなるので、日常使いなら32bit版を選びましょう。

クリエイティブ系のソフトやゲームを動かすなら64bit

動画編集やプログラミング、グラフィック系などクリエイティブ系の特殊ソフトやPCゲームをするなら64bitがおすすめです。データ量も膨大になり、スペックも必要とするので増設する可能性も含めて64bitがおすすめです。

Windows10の仮想メモリを最適化する方法

では最後にWindows10で仮想メモリを最適化する法方を紹介します。

搭載メモリが少ない64bit版や32bit版で仮想メモリを最適化

関連する記事