【Apex】安置って何?Apex攻略に必要な安置読みも解説

Apexでは安置の外にいることでダメージを受けてしまう仕様になっています。自分がいるエリアが安置外になる前に安置内に入る必要があります。ここからは、安置の内/外のどちらにいるか確認する方法を紹介します。

左上表示のミニマップの確認

Apexで安置の内/外のどちらにいるのか確認するには、ミニマップを見れば一目瞭然です。安置は白い円形で表示されます。安置のどちらにいるかの確認は以下の方法でチェックしましょう。

  • 安置外:白い円形が点滅している
  • 安置内:白い円形の点滅が消える

安置読みするための考え方

では、ここからは、安置読みをする為の考え方を紹介します。これが全てというわけではないので、あくまでも1つの考え方として自分に合っていると感じたら取り入れてみてください。

前提となる知識

Apexでは安置にはなりやすいエリアというのが存在します。前提的な知識なので覚えておくと便利です。

安置は前フェイズで寄っているほうによりやすい

あくまでも経験則ではありますが、安置は前のフェイズの場所によりやすいとされています。第1フェイズで安置が東側に寄っていた場合、傾向として第2フェイズでも東側に寄りやすいようです。

絶対に最終安置にならない場所が存在

もう一つの前提知識として、「絶対に安置にならない場所がある」ということです。Apexでは特定の場所は最終フェイズの安置にはならないので覚えておくと安置読みをする際に便利です。絶対に安置にならないエリアは以下の地点です。

  • World’s Edge:ハーベスター中央
  • Kings Canyon:バンカー/マーケット

現在この地点は最終的な安置になることはありません。今後シーズン移行やアップデートで修正される可能性もあるので念の為切り替わったら注意するようにしましょう。

第1フェイズの状況からの予測

Apexでは安置読みをする上で、前提条件がわかると少し絞りやすくなります。その上で、次に行うことは第1フェイズから予測をすることです。第1フェイズからマップの端に安置が設定されていた場合、非常に安置読みしやすくなります。

さらに、次に安置になる地点が現在の安置の中に完全に入っていない場合やギリギリ安置に入り切っている場合なども、次の安置にはなりにくいと言われています。

安置読みは経験則によるものが非常に大きな割合を占めています。前提の条件が理解できたらあとは自信で経験値を積み上げることが重要です。

安置読みできないときの対処法

関連する記事