Galaxy S9を使ったみんなのいい評価・悪い評価を徹底紹介!

まずはカメラが鮮明なんです。

レンズが光の量を自動的に判断し

  • 暗い場所:F1.5
  • 明るい場所:F2.4

に切り替わります。

そしてきれいな写真を撮影することが可能なんです。

レンズ明るさ比較※F値が低いほうが明るい

S9 | S9+F値 1.5
S6 | S6 edgeF値 1.9

上の表を見るとその機能のすばらしさが見て取れると思います。

【Galaxy S9のスペック】簡単なカメラ機能

では簡単なカメラ機能をしていきます。

カメラ有効画素数比較(アウトカメラ)

S9約1,220万画素(デュアルピクセル)
S9+約1,220万画素
広角(スーパースピードデュアルピクセル、F値1.5/F値2.4自動切替)
望遠(F値2.4)
S6 | S6 edge約1,600万画素

S9はデュアルピクセルを搭載。

これにより自動的にF値を切り替えることが可能になっているんですね。

また

S9 | S9+約800万画素
S6 | S6 edge約500万画素

となっています。

有効画素数ですが前の世代よりも300万画素もふえています。

【Galaxy S9のスペック】ディスプレイ

次はディスプレイ。

ディスプレイは

  • 画面比率:18.5:9
  • 最大解像度:2960×1440

となっています。

今までで過去最高の解像度となっています。

【Galaxy S9のスペック】ARが作成できる

次はARが作成できる点です。

セルフィー撮影をするだけであなたにそっくりなアバターが誕生。

18種類のオリジナルスタンプが自動的に複製されLINEなどに使用することができるんです。

また

  • 動きや思いなどの感情を表現できる
  • 可愛いキャラクターに変身できる
  • 絵文字で率直に伝えられる
  • 絵文字を自由にカスタマイズできる

などの機能が搭載されています。

【Galaxy S9のスペック】スピーカー

次はスピーカー。

スピーカーはDolby Atmosという機能を搭載しておりこれによって臨場感のある音楽を楽しむことができます。

高次元サウンドを再現しており手に収まるデバイスからシアターを演出。

一般的な音楽データや音声などをハイレゾ総統の音源にアップスケーリングすることが可能。

そのため奥行きのある壮大な音楽に大変身することができるようになっているんですね。

【Galaxy S9のスペック】カラーバリエーション

次はカラーバリエーション。

カラーバリエーションとしては

  • Titanium Gray
  • Midnight Black
  • Lilac Purple

の3つ。

写真や動画にこだわって生産されているだけあり女性をターゲットにしているのがよくわかりますね。

【Galaxy S9のスペック】充電

次は充電。

充電では電池持ち時間は115時間と公表されています。

ただS9の場合は様々な新機能を搭載している分充電の機能は向上していてもおかしくありません。

しかし機能は向上しても充電機能は向上しなかったようです。

ワイヤレス充電に対応したことが唯一の特徴でしょうか。

【Galaxy S9のスペック】USB