【ティックトック】見るだけなら危険性なし!安全な投稿方法も解説

ティックトックではアカウントを登録できるのは13歳以上の場合という年齢制限があります。すなわち、動画を投稿することはできないのです。

また、アカウントがなくとも見るだけなら可能なので、中学生以下の子供でも動画を見るだけは可能です。ゲームと同じくティックトックを見るだけとは言え、その時間が気になるところです。

そこで、13歳未満の子どもがティックトックを利用するときは、親の管理下で使うことになります。親が子供にアカウントを作ってあげて、親子のアカウントをひも付け、親のアカウントから子どものアカウントに制限をかけるなどのコントロールを行なうです。

この親がコントロールを行なう機能がペアレンタルコントロールなのです。

ペアレンタルコントロールで可能な設定

ペアレンタルコントロールで設定可能な項目は以下のとおりです。

  • 使用時間制限:1日あたりのティックトック利用時間を40分/60分/90分/120分に制限
  • 使用制限モード:青少年に不適切なコンテンツの表示を制限
  • 検索機能の有効/無効の設定
  • 子供のアカウントの公開/非公開の設定
  • 子供のアカウントのおすすめへの表示の可否
  • 子供にダイレクトメッセージを送信できる人を選択(誰でも、相互フォロワー、オフ)
  • 子供が「いいね」した動画のリストを見ることができる人を選ぶ
  • 子供の動画にコメントできるユーザーを選択

ペアレンタルコントロールの設定

ペアレンタルコントロールを設定する手順は以下のとおりです。

まず、親子のティックトックをリンクする手順は以下のとおりです。

保護者のティックトックでマイページを開く→…を選択し設定とプライバシーを開く→ペアレンタルコントロールを選択→保護者を選択して進むでQRコード生成→子どものティックトックのアカウントから「設定とプライバシー」を開きQRコードを選択→親のQRコード読み取り→保護者とのアカウントをリンクを選択

ペアレンタルコントロール個別項目の設定(使用時間制限モード、使用制限モード、検索、プライバシー設定)を保護者アカウントで行います。

保護者のティックトックでマイページを開く→子供のアカウントを選択→各項目を設定

まとめ

ティックトックはログインせずに動画を見るだけなら危険性はありません。

しかし、アカウントを作成して動画を投稿したりする場合は、個人情報の漏洩、ネガティブコメント、顔バレなどの危険性に注意を払うことが必要です。

また、ティックトックは子供にも大人気のため、子供に使わせる場合はそれなりのコントロールが必要となります。

こうした危険性に留意してティックトックを楽しむ参考になれば幸いです。

関連する記事