【ティックトック】見るだけなら危険性なし!安全な投稿方法も解説

顔出しによる危険性

自分の様子を動画として投稿した場合、個人情報の流出につながる危険性があることに注意しておくべきです。よくあるのは、撮影した場所の状況から、投稿者の自宅や撮影場所を特定し、それを手がかりに個人情報が特定され、場合によっては拡散されてしまうというケースです。

いったん、拡散されてしまうと完全に削除することは不可能なので実生活にも影響が及ぶ危険性があります。

出会いツールとしての利用

ティックトックでは、DM機能を使って動画投稿者に直接話しかけることも可能です。この機能を悪用して、ティックトックを出会いツールにしようともくろむ人がいます。

そうした人をティックトック上でブロックとしても、ネットストーカー的な人には執拗に付きまとわれる可能性もあります。

見るだけのつもりが、コメントやDMを使うようになると、こうした出会い系サイトへの誘導などに気を付けることが必要です。

不特定多数に扱われる投稿動画の危険性

ティックトックに投稿した動画は、誰もがダウンロード可能であり、ほかのSNSを含めて勝手に拡散されることがあります。

もし、投稿動画を投稿の意図とは異なる使い方をされてしまっても、拡散されてしまえば、その記事を完全に削除することは不可能で、思わぬ被害を被る危険性があります。これは、ティックトックに限らずYoutubeやInstagramでも同様です。

安全に動画投稿を楽しむためのアカウント管理

これまでに説明したように、見るだけでなく、ティックトックでアカウント登録をした場合は、さまざまな危険性にを考慮して利用する必要があります。

まずは、アカウントをきちんと管理して個人情報の漏洩などに供えることが重要です。ここでは、ティックトックで動画投稿を楽しむための実施すべきアカウントの管理方法を紹介します。

アカウントの非公開設定

ティックトックで安全性を重視するのであれば、アカウントを非公開にするのがよいでしょう。

アカウントを非公開とした場合は、あなたが承認したユーザーのみがフォローしたり動画を視聴したり、コメントのやりとりをしたりすることができるのです。

だれでもが閲覧できるわけではなくなります。見るだけの利用者も多く、その中からフォローワーとなる人もいるかもしれません。そのため、フォロー数を重視する場合は不利ですが、ハッカーや悪意のあるアクセスをガードできるようになります。

アカウントを非公開にする手順は以下のとおりです。

ティックトックでマイページを開く→…を選択し設定とプライバシーを開く→プライバシーを開く→非公開アカウントをオン。

安全フィルターの設定

ティックトックでは、安全フィルターを設定することで、動画・コメント・フォローについて可能な範囲をコントロールできます。フィルターを設定することで見るだけの利用者には投稿の参照を制限することになります。

設定項目は設定内容は以下のとおりです。

設定項目設定内容
動画のダウンロードオン/オフ
コメント投稿者フォロワー/相互フォロワー/オフ
フォローリストの公開フォロワー/自分のみ
デュエットフォロワー/相互フォロワー/自分のみ
リミックスフォロワー/相互フォロワー/自分のみ
いいねの動画リスト公開フォロワー/自分のみ
ダイレクトメッセージALL/相互フォロワー/オフ

ペアレンタルコントロール

関連する記事