【Zenly】位置情報偽装する裏機能を解説!サブ垢の作り方も紹介

基本的にはアカウントは1つしか作れない

Zenlyでは、1つの電話番号に対してZenly アカウントが1つ対応します。したがって、スマホ1台の中に複数のアカウントを作成することはできません。なお、複数のスマホを契約して使い分けている場合は、各スマホごとにアカウントを作成することが可能です。

サブのスマホとIP電話番号があれば作成可能

Zenlyで位置情報の偽装など裏機能のためなどに、複数のアカウントを所有したいということであれば、IP電話を利用するという方法があります。

IP電話は、インターネットを利用して通話するもので、電話番号は050で始まります。当然有料で、月額基本料や通話料が必要となります。

1つのスマホで、zenlyのアカウントをスマホの電話とIP電話で切り替えて使うには、Zenlyの再インストールを必要としますし、アンインストールした電話番号に対応するアカウントは相手の画面ではとフリーズしている時のような表示となってしまいます。

1台のスマホでアカウントを切り替えるのは実用的ではありません。そのため、IP電話用のサブのスマホを用意することになります。スマホの機種変更などで古いスマホを残している場合はそれを利用するとよいでしょう。

Zenly(ゼンリー)の裏機能〜ゴーストモード/フリーズモード〜

ここでは、Zenlyの裏機能であるゴーストモード/フリーズモードについて詳しく解説します。

ゴーストモードとフリーズモードとは?

Zenlyは友達とお互いの正確な居場所をリアルタイムに共有して連絡しあうアプリです。しかし、時には、自分の居場所を知られたくない時もあるかもしれません。ゴーストモードは、そうした時に、裏機能として、友達に対して自分の居場所を見せる方法をコントロールする機能を提供します。

特徴としては、以下の3点です。

  • 居場所の見せ方を変更する友達を選べる
  • 居場所の見せ方を変更する時間範囲を選べる
  • 居場所の見せ方として、正確、あいまい、フリーズの3つの方法を選べる

設定方法

設定手順は以下のとおりです。

画面左下のアカウントアイコンをクリック→画面右上のゴーストモードアイコンをクリック→友達を選択→時間範囲を選択→「正確な位置」「あいまいな位置」「位置をフリーズ」を選択。

「正確な位置」「あいまいな位置」「位置をフリーズ」の詳細な内容は以下で説明します。

正確な位置

スマホのGPS機能で提供される位置情報を使って、自分の居場所をリアルタイムに正確な位置情報として友達に提供します。

正確な位置の表示がZenlyのデフォルトの設定です。ゴーストモードであいまいな位置設定やフリーズ設定を元に戻す場合に選択します。

あいまいな位置

あいまいな位置というのは、自分の居場所を正確にではなく、大体の位置で提供するという裏機能です。

大体というのは、正確な位置を中心に10m~1,2kmの範囲でZenlyがランダムに座標を選んで友人に提供します。また、友人の地図画面では、自分を示すアイコンには斜線付きの矢印マークが表示されあいまいな位置に設定していることがわかるように表示されます。

関連する記事