黒歴史クリーナーで消えないツイートがある?原因と代用ツールを紹介

自分が過去にTwitterで行ったツイートを全消しするときに使うことのできるツール、黒歴史クリーナー。1からやり直す場合にも役立ちますが、黒歴史クリーナーで消去を行ったはずなのに投稿が消えていない?ことがあります。そんな時の原因や安全性についてまとめました。

黒歴史クリーナーでもツイートが消えない原因

冒頭でも記載した通り、黒歴史クリーナーで処理を始めたはずなのになかなかツイートが消えないことがあります。黒歴史クリーナーはTwitterの公式のサービスではないので、システム等の設備類にも限界があります。以下の3つのような原因でツイートが消えないことがあるので、一つ一つ見ていきましょう。

【黒歴史クリーナーでも消えない?】①タイムラグによりツイートが消えない

黒歴史クリーナーは、自分がいままでに行ったツイートを全消しするツールです。いままでにツイートした数が多ければ多いほど、多くのリクエストをTwitter側に送信・受信する必要があり、削除する処理に必要な時間も多いため待ち時間が伸びます。処理を始めてまだあまり時間が経っていない時点で「消えない」と悩んでいる場合は、終わるまでしばらく待ってみてください。

【黒歴史クリーナーでも消えない?】②ツイートが3200件以上ある

2つ目の原因です。Twitterの仕様上、今から3200件以上前のツイートには遡ることができません。ツイート数が3200を超えている場合、黒歴史クリーナー側もツイートを見つけることができず「消えない」と言ったことになってしまいます。以前はTwitterから過去の自分のツイート履歴データを取得して、それを黒歴史クリーナーにアップロードすることで消すことができましたが、現在はアップロード機能は消去され、利用できなくなっているようです。

消去することのできるツールも存在する

後ほどご紹介する有料・無料の代用ツールでは、Twitterからツイートなどのデータを取得しダウンロードし、それをツール側へアップロードすることで、黒歴史クリーナーでは消すことのできない3200件を越えるツイートもすべて消去することができるようになっています。ツイートの数が多すぎてすべての投稿が消えないと悩んでいる場合は、後ほどのコーナーも見てみてください。

【黒歴史クリーナーでも消えない?】③黒歴史クリーナー本体の不具合

3つ目の原因です。黒歴史クリーナーのサーバーに多くの方がアクセスしていたり、ツイートを消去する処理を行っている場合は、サーバー側に多くの負荷がかかり黒歴史クリーナーが正常に動作しないことがあります。しばらく待ってみても、ツイートが3200件以下の場合でもツイートが消えない場合は、黒歴史クリーナーのサーバー側が応答するまで待ってみてください。

黒歴史クリーナーの代用ツールを紹介

ここまでは黒歴史クリーナーでツイートが消えない場合の原因をいくつかご紹介しました。対処法もいくつか記載しましたが、それでも消えない場合があります。ここからは、黒歴史クリーナーで消えないツイートも消せるかもしれない代用ツールを2つご紹介します。有料のものと無料のものがあるので、機能などを見て検討してみてください。

【黒歴史クリーナーでも消えない?】①Tweet Deleter【有料ツール】

Tweet Deleterは、サービス名の通りツイートを消すツールです。ホームページ上に「古い恥ずかしいツイートを削除して、インターネット上に浮かぶのを防ぎます」と記載されている通り、黒歴史となってしまった過去の自分の投稿を、黒歴史クリーナーと同様にすべて消すことができます。無料版でも高度な設定が利用でき、消去するツイートの種類や範囲の指定を行うことができます。

3200件を超えていて黒歴史クリーナーで消えないようなツイートも、取得したデータをアップロードすることですべて消去することができます。有料版では、一つツイートするたびに一つツイートを消去し、自分のアカウントに存在するツイート数を常に一定に保つことのできる機能も存在します。気になった方は試してみてください。

Tweet Deleter : https://tweetdeleter.com/ja

【黒歴史クリーナーでも消えない?】②ツイートの一括削除ツール!【無料ツール】