Googleスピードテストができないのはなぜ?対処法を紹介!

次はタコ足配線になっていないかを確認しましょう。

たこ足配線になていると意外と通信速度がごちゃごちゃになってしまいます。

なのでコンセントをきれいにすることで通信速度が改善される可能性があります。

結束バンドを使えばきれいに収まるので結束バンドを活用しましょう!

⑥デバイスのOSバージョンやメモリを確認する

次はデバイスのOSバージョンやメモリを確認しましょう。

使っているOSが最新の状態になっていないことで通信速度が遅くなっている可能性があります。

なので持っているPCのOSが最新の状態になってるかどうかをチェックしましょう。

 

またPCのメモリが不足しているとインターネットの速度が遅くなります。

これはメモリーの増強を試してみましょう。

⑦インターネット回線を乗り換える

次はインターネット回線を乗り換えましょう。

以上の方法を試しても通信速度が改善されない場合はインターネット回線を乗り換えましょう。

インターネット回線を乗り換えするか同課の判断基準は常時ダウンロード速度が10Mbps以上出ているかどうかです。

速度が10Mbps以上出ている場合は大丈夫ですが出ていない場合は買い替えを検討しましょう。

 

様々なスピードテストサイトを使って見て全く速度が改善しない場合はインターネット回線そのものに原因があると判断してもさしつかえないです。

なのでお金はかかりますが乗り換えましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Googleスピードテストを使って見て皆さんの回線速度は大丈夫でしたか?

速度が悪い場合は改善策を施策してみましょう!