【Twitter】ブラウザで見るには?ブラウザ版で出来ることを紹介!

6つめは「ウィジェット化することができる」。サイト上でTwitterが表示されているのを見たことはありませんか? これのことを「ウィジェット」といいます。やり方がすこし難しいですが、興味がある方は試してみてはいかがでしょうか。

1.「https://publish.twitter.com/」に移動
2.テキスト入力欄にウィジェット化したいTwitterのリンクを入力する
3.左側の「Embedded Timeline」をクリック
4.表示されたコードをコピーして、WEBサイトなどの貼り付ける

また、「set customization options」をクリックすると表示する際の高さや幅などのカスタマイズをすることができます。ブログなどをしている方はこの機能を使ってみてはいかがでしょうか。

他の人が作ったリストを保存できる

7つめは「他の人が作ったリストを保存できる」機能。リストとは、特定のユーザだけのタイムラインを表示させる機能のことです。普段はいろいろな人のツイートが表示されて特定のユーザを探すのは大変だったりしますよね。でも、リスト機能を使えばユーザをまとめることができるので、探す手間をなくすことが可能になります。

また、他の人が作成したリストを保存することもできます。「おすすめアーティスト」など気になったリストがあれば、保存してはいかがでしょうか。アプリ、ブラウザとも同じ操作で保存することができます。
iPhone/Android
1.Twitterを開き、リストを追加したいユーザのプロフィールページに移動します
2.「・・・」をタップして「リストを表示」を選択
3.保存したいリストをタップし「フォロー」をタップ

PC
1.リストを追加したいユーザのプロフィールページに移動
2.「・・・」をクリックして「リストを表示」をクリックします
3.保存したいリストをクリックし「フォロー」をクリックすることで保存が完了します

アカウントの削除ができる

8つめは「アカウントの削除ができる」ことです。アカウントを削除することでツイートやいいねなどの情報を削除することができます。また、削除から30日以内であればアカウントを復元することも可能です。間違えて削除してしまった場合でも、簡単に復元することができるので安心です。ブラウザ版、アプリ版どちらでもアカウントの削除をすることができ、手順もほぼ同じです。

iPhone/Android
1.Twitterを開きプロフィールアイコンをタップして「設定とプライバシー」を選択
2.「アカウント」→「アカウントの削除」の順にタップします
3.もう一度「アカウント削除」をタップして「パスワード」を入力後、最後にもう一度「アカウント削除」をタップ

PC
1.画面左の「・・・」をクリックし「設定とプライバシー」をクリック
2.「アカウント」をクリックして一番下にある「アカウント削除」をクリックします
3.赤い文字の「アカウント削除」をクリックし、アカウントの「パスワード」を入力後「アカウント削除」をクリック

まとめ


アプリだけではなくブラウザ上でもTwitterは見ることができます。ブラウザでしかできないこともあるので使い方を覚えておきましょう。ブラウザ版Twitterの使い方がわからなくて困ったときは、今回の記事を参考にしていただけたら幸いです。